大敗の標語


戻る


検索中……検索中……(汗)
(ボス/けものフレンズ)
〜不測の事態にテンパったときに
 周りのフレンズはあたたかく見守ってあげよう


自分の方は質実剛健の志のある青年が主だから、一騎打ちになれば強いのだが、組織活動に馴れていないのだと、福田赳夫は口惜しかった
(―/茜色の空 哲人政治家・大平正芳の生涯)
〜大平との首班指名選挙に敗れて
 それは致命的なんじゃないだうか


懐には黄金たっぷり。肺には海水たっぷり。
(―/MTG イクサラン「欲望の深み」)
〜強欲のもたらす結末 
 まぁ海賊だししょうがない


若い才能を目の当たりにすると、嫌でも現実が見えちまう…
面白かった。
世界を感動させるのは、お前に任せるよ
(鬼島仁/響 小説家になる方法)
〜主人公の作品に白旗を上げるベテラン作家
 しかし遠慮仮借なく追撃が飛んできます
 しんでしまいますよ


氷室さんのダメなセンサーが上書き発動しました
(−/氷室の天地)
〜裏面で凄惨な超能力バトルをやっている世界線で、ぎりぎりやばいところに踏み込まないで済む主人公のコメディ主人公ちから
 なお、恋愛とか人間関係のシリアス方面でも如何なく発動する模様


おれのまけだよ……ロジュル……
根性んの入ったバカにゃ……勝てねぇやな……へ……
(ガッハ/マップス)
〜主人公の主人公力に白旗をあげるリアリスト
 仲間にするといろいろ頼りになる人で、主人公も歯を全部粉砕するイキオイで頑張った甲斐があったというものです


目を覚ます? お断りします
これが夢なら私は永遠に眠り続けましょう
(サイコマン/キン肉マン)
〜シルバーマンの自分ルール押し付けに抵抗して
 相手のセリフに反応しただけなのだが、うっかり負けフラグを立ててしまったような
 完璧超人ともあろう人が失敗でしたなー


定遠と鎮遠に三発ずつ。たった六発なのか。……
いや、定遠一発と鎮遠二発。あわせて三発です。
(李鴻章&デットリング/小説日清戦争 江は流れず)
〜戦争にあたって知る、非情な現実
 余裕がなくなってくると非常用のバッファは容赦なく削られるのですが、スタッフ部門はしばしばやりすぎる


市の役人がピカピカの自動機械を20台ほど送り込み、グレムリンの巣を一掃しようとしたことがある。そのやり方は失敗だと、すぐに明らかになった。
(-/MTG「カラデシュ」壊し屋グレムリン)
〜行政の試みの失敗
 泥棒に追い銭みたいな結果になったが、責任はうやむやになった模様


飛ぶのが仕事か、このオヤジは
(子供/南倍南勝負録 玄人のひとりごと)
〜ブランコや鉄棒でアクションを見せる玄人に
 某・豊臣くん並みに飛んでます


”サリー・ブラウン、ここにスクールバスを待ちて
 人生、最良の時を浪費す…”
”あと10分眠れしものを!”
(サリー・ブラウン/スヌーピーのもっと気楽に)
〜朝の後悔
 バスは、布団の1秒の貴重さを理解してくれない


それに俺が求めているのは勝利などではなく……
勝ってる奴の敗北だ
(キャッツ/クレムリン)
〜負け組の望むこと
 キャッツも黙っていればいい男なんだが(猫もいるし)いろいろ残念愉快すぎる


アイエエエエエエエエ
白紙! 白紙ナンデ!?
(水木先生/ぱらのいあけーじ)
〜締め切りを目の前にして
 ナンデなんでしょうねぇ、ふふふ


通じるとは思っていなかった
通じると信じたかっただけである
(ベヒモス先輩/左門くんはサモナー)
〜ナチュラルボーンクズな人物に対し、正論を言ってみて
 でも逆らえない立場なのがやるせない


山一の破綻に、超人的な人物や際立った悪人は登場しない。
(―/会社がなぜ消滅したか 山一証券役員たちの背信)
〜ある組織体の消滅についての分析
 だいたいの日本的組織の衰退において、そういうのがいるほうが珍しいと思いますが…


絶対諦めない心と
信じ合える仲間がいれば
どこだってそこがエデンなんだから
(−/エデンの檻)
〜異世界サバイバルから帰還不能な事態に陥った時、いいことを言って綺麗に〆ようとする態度
 その昔、「ぼくたちは未来に撒かれた種だ」とか言って〆た人たちもいたなぁと
 グッドエンドではなかったがきっとこれがトゥルーエンドだと信じれば希望は持てる


おかしい… 
回が進む毎に
我の出番が格段に減っている!!
(ララ/モンスター娘のいる日常4コマアンソロジー)
〜ヒロインわんさかコメディーにおける立ち位置の不安定さを心配する1キャラ
 メインが6人で固まってしまったうえ、ゲストヒロインがどかどか出てくるようになってしまったからなぁ
 まぁそういう人はよくいる


負ければこうなるのだ。武士が白粉を塗られ、紅をさされるとは負けたことにほかならぬ。
(友椿尼/剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎)
〜負けて帰ってきた一族のえらい人の首を前に
 そーゆー理屈で、武士として生きる=化粧とかしない、という結論に至ったようです




戻る