ナレーター9の標語


戻る


この人は漫画のこととなると羞恥心とIQがゼロになるのだ。
(今宮/ヤリへん)
〜アグレッシブすぎる女流漫画家に引き気味な編集者
 この人自体もエロ漫画脳をこじらせて駄目になっているのだけどクリエーターのちからはさらにその上に行くのかと


世界の果てジパングに強大なる王あり
かの蒙古の王チンギスハーンを上回る英知と勇気を身につけ
やがて国をまとめたる後
世界に向けてその勇猛なる兵を発するは必定
その王の名
織田信長と称するなり……
チンギスハーンをはるかに上回る人物にして残忍な魔王と断じらるる
我独断にてこの王を廃する手段を画策せり
(カブラル/夢幻の如く)
〜本能寺を生き延びた織田信長が拡大解釈に拡大解釈を重ねた人格と能力のまま世界制覇に乗り出す日本スゴイ漫画の出だしを彩る、南蛮人宣教師による人物評価とそれに対する行動宣言
 一分の隙もなく捏造です


な、なんたる卑劣非道か! その姿勢からビーハイヴはガトリング・ガンを発砲したのである! もはや言葉も出ぬほどのスゴイ・シツレイだ!
(―/ニンジャスレイヤー ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション)
〜地の文にまでツッコミを入れられる、卑怯未練極まりないニンジャの兵法
 サンシタながらこれ一発で歴史に名を遺したある意味スゴイニンジャであった


もしかしたら、君も枯れ葉を見たことがないか
枯れ葉を見たら気をつけろよ
近くに、君のよく知ってる人に化けたブキミ星人がいるかもしれない
(ペガサス/円盤戦争バンキッド)
〜子供を守る戦いをしながら積極的に子供の不安をあおっていくヒーロー
 いいのかそんなので


彼は自信満々であった。だが、外から見れば、彼の考えはいかにも甘かった。その甘さは、自分の置かれた立場についての認識についてもいえた
(―/小説日清戦争 江は流れず)
〜論客・金玉均について
 岡目八目では明瞭なことも当人にはわからないというのはよくあることです
 まして後世の歴史家は好き放題言うものですから


…ダダのカーテンは厚い―――
…だがそのカーテンが揺れ動いたとき垣間見えたものは…
ダダたちの中にも我々と同じように様々な思いが交錯しているということなのか
その真相もまた…
ダダのカーテンの向こう側だ
(−/大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア)
〜ウルトラマンに1回だけ出てきて、上司の無茶ぶりに困らされるサラリーマン的活躍をしていた宇宙人の生態について、なんだかアクロバティックな拡大解釈をしたうえでいい話に纏めたスピンオフの妙
 鉄のカーテンとかあったなぁ


一指頭を以て天下を動かしたつもりであった光秀の脳髄から狂熱の火が消えたとき、彼のがらんどうの頭蓋の中を吹いた風は何であったか。
(中略)
月明暗き小栗栖の竹藪の中を落ちてゆきながら、光秀は、じぶんの謀反を知らなかったのはただ信長一人だけであり、みなが知っていることを知らなかったのはじぶんただ一人であったような気がした。
(明智光秀/叛の忍法帖)
〜なにもかもうまくいかなかった革命的行動の結末に呆然とする男一人
 そしてその裏で発生している愉快な忍法みつどもえが…


そもそも「女子力」とは一体なんなのか「ググれブス」と言われる前に、ウィキペディアで調べてみた。
《女子力:輝いた生き方をしている女子が持つ力。自らの生き方や、自らの綺麗さ、センスの良さを目立たせて自身の存在を示す力。男性からチヤホヤされる力。》
前半の綺麗ごとを最後の一文が完全に破壊するという、見事なまでのビルド&スクラップだ。私も、これくらい美しい文章を書いてみたいものである。
(カレー沢薫/ブスの本懐)
〜切れ味のある文章持ちがさらに切れ味のある文章を見て見習いたいと言っている、なんだか意識高い系みたいな文章芸術
 それでいて切られている対象が切られてしかるべき存在ばかりなので嫌味になっていない素晴らしさである


俺のスシはがらんどうの空っぽだ、もう一戦だと? 
ハッ……

ヨロシサン製薬謹製のオーガニック・クローン・アナゴ……欠落遺伝子を何で補っているのか、彼も知りはしない。口内で、アキモトのスシの味がカラテのように彼の肉体を衝撃で苛み、打ち据えていた。それは真実の味だった。
(メイヴェン/ニンジャスレイヤー ファスト・アズ・ライトニング、コールド・アズ・ウィンター)
〜卑劣な手段でタマゴ勝負は不戦勝となったが、正面対決となったマグロ勝負で完膚なきまでに敗れ
 最後の勝負を待たず直接戦闘にものを言わせようとし結果敗れたニンジャのスシ屋
 なぜニンジャがスシ屋なのかとか突っ込むのは野暮


王都と言えば、それは王都ですから、でっかくて立派な都市です
あとは頼むぞタカヤマ画伯
(−/ここはボツコニアン)
〜小説家がイラストレータに描写を丸投げするさま
 天下の宮部みゆきともあろう人が高山としのりになんて無茶ぶりを


彼女は休み時間に自分の席で一人ファンタジー小説を読みふけっている文学少女である。クラシックな古典ファンタジー小説をこよなく愛し、それだけならいいのだが、その愛深きゆえに自分の趣味から外れたライトファンタジーを深く憎悪するという厄介さんであった。彼女はその苛烈なライトファンタジーへの攻撃から『ハイファンタジー宝田』の二つ名で呼ばれる、文芸部四天王の一角である。
(−/異世界修学旅行)
〜いい加減なファンタジー風異世界にやってきたクラスメイトの一人。
 高校生活でもやっかいそうだが、異世界生活ではさらにやっかいそうだ


肉を裂く長い爪と、骨を砕く大きな歯を持ってるもの、なーんだ?
(ケッシグのレインジャー、ハラナ/MTG 異界月「絡み爪の人狼 」)
〜狼男のいる世界のナゾナゾ


……正直なところ、私にも分からない。
(ケッシグのレインジャー、ハラナ/MTG 異界月「繊維質の絡み屋 」)
〜しかし良く分からないものの侵略で答えが一意に決まらなくなってしまった




戻る