日記2017の部屋

日記2017

(大鉄人)

の部屋

戻る

過去の日記/ 過去日記インデックス 最新の日記
7/16 ダダの刻参り

「ウルトラマンジード」第2話視聴 
主人公がベリアルの息子だということでマイナスエネルギーな展開が心配されたが、主人公が一般民衆に罵声を浴びせられるような描写はなかった。 嫌な人もちょっと出てきたがマッハで報いを受けてネガティブ側に針を振らせない作劇は安心できるなぁ。
で、予告
ゼ、ゼロがサラリーマン!? 

セブンイレブンの文具の品質の悪さにイラついている 
深夜でも買えるのは重宝しているのは便利なんだが、もう少し何とかならないのだろうか

MTG、まだ紙のほうでは買っていないが「破滅の刻」が出たというわけで、霊気紛争とアモンケットのレアとアンコモンを整理した。
アンコモンのストレージボックスがいっぱいになったので昔のカードを適当に捨てる。
どうせレガシーとかモダンとかやらないのでまとめて処分してもいいのかもしれないが、ふんぎりがつかぬわいと。

7/17 エースのお仕事

横浜 2-1 ヤクルト
現地観戦。
誰かが復帰すると誰かがいなくなるヤクルト。
バレンティンと中村が戻ってきて飯原もベンチに控えているのだが、雄平と大引と鵜久森がいない。そんな相手だったが、筒香の完璧なホームランと、三上の快刀乱麻以外はちょっともどかしい試合。
結局5番以降は今永以外ノーヒットとか、いいところで併殺とか、けっこう先頭打者を出しているとか相手が調子の悪いヤクルトでなければ負けてたような試合だったが、ともかく勝ちは勝ち。
七回の攻防はカードを4枚切って、ヤクルトにも4枚使わせて、結果勝った そういうやりとりだった 
あとは何を言っても外野の後知恵よ

「地方騎士ハンスの受難(1)」読了
コミカライズが面白かったので原作を購入。なかなか1巻が置いてある本屋がなくて困った。
異世界転生する日本人ではなく、異世界転生する日本人集団のかじ取りに困惑させられる地方騎士の人が主人公という構造。コミカライズの方ではあまり見えなかった地方騎士の人の高スペックっぷりが地の文とかで存分に発揮されていてよし。
しかし文章で読むと、リーゼントがケンイチで真面目な少年がキョウジなのにしばしば混乱させられた。きっとハットリ君とデビルサマナーのせい。

7/18 大暴れすもう小僧

横浜 1-0 ヤクルト
ウィーランド8回無失点
ヤスアキピンチを招くもなんとか9回を0でしのいでで勝利
よかった

巨人、山口俊が11日に、右手を怪我、訪れた病院で大暴れして警備員にとりおさえられたという話で急遽登板回避に。
詳しい事情は調査中らしいが、17日にチームの募金活動参加して今日の予告先発もされていたのがいきなりこれってことは、球団に事件報告してなかったんだろうなぁ。父ちゃん情けなくて涙出てくらぁモノだなぁと。

「軍靴のバルツァー(10)」読了 
まだ騎兵が活躍することはできるがやってることは無慈悲な玉と時間の獲り合いだった内戦編もやっと終結。 
国家としてはそれなりの落としどころにおさまったようだが、ヘルムート=サン個人としてはいろいろ切り捨てて得た近代軍制への道ということで、辛げ。

7/19 タテの会

横浜 5-3 ヤクルト
山田、バレンティン、さらにバレンティンに加賀が被弾でリードされるが7回チャンスで筒香の場面に中澤、8回チャンスで桑原の場面にルーキとヤクルト必死の継投を打ち崩して勝利。
今シーズン初の3タテだった。
ヤクルトは負の流れがひどいが週末の神宮での阪神戦は頑張ってほしい。阪神-横浜は0.5ゲーム差の2位3位なので。

7/20 毛利三選の教え

「週刊少年チャンピオン34号」
「あつまれ!ふしぎ研究部」 
ロッカーと半裸 
「殺し屋がすごい! アヤメ編」 
ロッカーと全裸 
謎のシンクロニティ
「吸血鬼すぐ死ぬ」
横浜スタジアムへ行く話かと思ったらかせんじきスタジアムだった。
ナイター設備あるのか。
「鮫島、最後の十五日」
天雷と白鯨力の取り組みは、ドラマの重さで天雷の勝ち。
白鯨力の過去編はイイハナシダナー以上のものではなかった。
ということでこれはもう明日十一日目は天雷vs鮫島なんだろうなぁ。
「BEASTARS」
外泊レゴシ。いろいろバレていてピンチなんだが本人はそれどころではなく。
告白来るのか。
そしてルイ先輩はあのまま終わってしまったのだろうか。
「AIの遺伝子」
サービス終了のもの悲しさは近未来でも変わらないなぁ。

復八磨直兎「聖百合ヶ丘女学園性奴会」読了 
ヒロインのノーガードフィジカル&豆腐メンタルから生み出される隷属っぷりとだらしなく堕ちた涎が糸ひくアへ顔は高値安定。 
しかしヒロイン5人は多かったようで、2人組と理事長にもてあまし感が。

「元就軍記」読了
母と妻に愛されすくすく成長した綺麗な毛利元就さんが躍動。僕の知っている元就じゃない感がすごい。
あおりをくって尼子、大内・陶がド無能大国になってたり、両川の実家が毛利の養分になるための行動に終始していたり、実に元就史観だった。
中国新聞連載か何かだったんだろうか。

ネットのコンビニ焼き鳥(ローソン)の記事を見て焼き鳥が食べたい気分だったのでファミマで焼き鳥買って食べた
なんか違う

7/21 NEC対栗鼠

MTG、「破滅の刻」を1BOX購入
1BOXで神話が5枚にマスターピース1は良い引きの方だろう。

ビックカメラで買った冷蔵庫と洗濯機と電子レンジが届く。
古いのは家電リサイクルで持って行ってもらったのだが冷蔵庫がもう家電辞めているNECだったため追加料金が発生してしまった。
まぁしゃーない。

横浜 3-3 巨人 
井納が4回にいつもの突発炎上をするも、回が早かったので致命傷にはならず1点ずつ返して同点。
しかしそこからはお互い点が入らず、選手をほぼ使い切っての延長12回引き分け。 
4番ロペス5安打に続いての5番宮崎3併殺はハードだった。

セブンで焼き鳥買って食べた
串にささってない

戸部新十郎「北辰の旗」読了
加賀の富樫政親の一代記。
加賀の富樫というと一向一揆に国を奪われた富樫なのだが、では富樫政親はその富樫家のどのへんの人物なのかというと一向一揆に国を奪われた本人
室町末期らしく、ぐだぐだとうやむやが跳梁跋扈する加賀の勢力争い、加賀北半国を失い父親と京都に逃れた政親が、薫陶を受け名将っぽく育っていく様には、いや、でも、こいつ一向一揆に国を奪われた富樫政親だよなぁと首をひねっていたのだが、読み終わってみると確かに名将
名将だったから、中途半端で終わらず越前朝倉とか畠山管領とも連携して加賀一国を統一、地元住民に寄り添った新しい守護としての治世をつくりあげるところまで持っていき、そうしたからこそ一向一揆と正面衝突することになって完膚なきまでに富樫一門を終わらせてしまったという。
キングメーカーの人も、こうなるパターンも予想しつつこうなってはほしくなかったようですなぁ。

7/22 ゼロの断層

ウルトラマンジード第3話「サラリーマン・ゼロ」視聴
大人世代はわからんが、子供たちは素直にジードを応援してくれているようで心配したようなストレス展開にはならず。
ゼロともいい関係になれてけっこう順風蔓延にヒーローやれているよなぁジードは
ブーストスラッガーキックは格好良かった。

リアルMTG、初「破滅の刻」
シールドは軸になるようなパワーカードが0、「不朽処理者の道具」とディフェンシブなゾンビの数はいるのでライブラリ破壊に活路を見出したが、サイド後アーティファクト破壊を打たれたら打つ手がなくなるのでせめてもの青をタッチして「抗えない主張」1枚差し。除去の数が足りて2-0。
ドラフトは「ラムナプの採掘者」を信じて、緑青タッチ白黒の土地18枚砂漠デッキ。まぁ事故とかはしゃーないと1-1。

焼き鳥ではなく手羽先の店で飲む
美味くはある

横浜 1-3 巨人
菅野vs飯塚と言うことで、普通に負けるだろうと思った試合だったが巨人の貧打とカミネロの乱調でいい勝負になっていた。
この展開で使った投手が飯塚エスコバー平田で済んだのもいいところ。

7/23 STAND UP TO THE VICTORY

横浜 8-6 巨人
桑原の輝き打ちホームランで先制するも、13塁からゲッツーの間に1点、さらにマギーにソロを浴びて逆転される。
しかし、6回大竹をきっちりやることやって攻め切って6-2と逆転。
これで勝ったと思ったら8回、三上砂田が捕まって同点。
このシーソーゲームの最後は主砲が決めた。もうこれ以上はないサヨナラホームラン。見事筒香。
山口のアレで緊急先発から中4日で今度はリリーフをやらされた高木は不憫だった。

二次元ドリームノベルズ「淫紋屈服 金色のミルカ」読了。
3人ヒロインの隷属お披露目の会はいい光景だった。
メインヒロインが淫紋から、取り返しのつかない変化をしてしまってどうなのかと思ったら人前に出れるレベルには変身魔法でどうにかなるのか。
魔法便利だなぁ。

「賭ケグルイ妄(1)」読了 
ガンガンの「賭ケグルイ」推しはたいしたもので、スピンオフだらけ
顔芸とサイコレズは標準だが、ギャンブル能力よりはリスク(主に肉体的な)願望の勝ちすぎている生志摩さんが主人公になってどうなることかと思ったら、生志摩さんをベットするのに容赦がないパートナーの人を得てこれはこれで愉快。
しかしこれも本編に繋がる気がしないなぁ。

「人狼機ウィンヴルガ(2)」読了 
あ、2巻だこれ。 
1巻を読んでないので、正確なところはよくわかっていないがどうも女性パイロットにはろくでもない世界観のようで、レイプ、リョナ、レイプ祭り
二次元ドリーム世界か、ここは。 
そんな世界なのに、敵組織に女軍人がいるのが謎。
世界を滅ぼす方向で活動するべきではないだろうか(二次元ドリーム世界なら健闘むなしく完敗してまたレイプだろうけど)。

「少女ファイト(14)」読了
春の高校バレー編になってからチームとキャラクターが一気に増えて、誰が覚えておくべき人で誰が忘れていい人か判断つかず混乱中。
いや、どいつもこいつも傍目で見るぶんには愉快すぎるんだよなぁ……
おまいら高校バレーを通した自己実現に人生賭けすぎ。

「GIANT KILLING(44)」読了
東京VとのダービーはETUのターン。 
しかし東京Vには一泡吹かせても、持田を打ち破ったわけではないのでこっからもう一回持田のターンが来るんだろうなぁ。 
シンプルな構造で読みやすく熱いんだが、やはり長いことは長い。

7/24 カキ(KAKI)がたおれています

ヤクルトの杉浦放出に、もうドラ1出すのかと思ったが柿田世代だったカキ
それは見限られるタイミングか
杉浦の復活を待つ余裕のないヤクルトのチーム事情はわかる。エスコバーがセではやれてるし屋宣もきっと輝けると思う。
できれば対筒香決戦兵器とかにはならないでほしいが

草野厚「国鉄解体」読了 
分割民営化からしばらくして書かれた政治面からの分割民営化史 
政治はわかった、で経営面・人事面はどうなのかと思うのは筋がちがってるんだろうな

仕事がまぁアレだったので帰りに飲み屋へ突入して焼き鳥食べた
先に酔ってしまったのであんまり記憶にないがまぁ良かったはず

7/25 パーフェクトホール(筒)

横浜 1-0 阪神
今永の完璧な投球に筒香が応え、三上山崎もきっちり仕事してまず1勝 
2位タイ浮上

スーパーの焼き鳥食べた
まぁ普通

「戦国妖狐(14)〜(17)」読了
これにて完結。
終わり方は微妙に賛否両論だったらしいがわかる感じ。
第2部主人公の千夜についてはきっちり描ききれていたのだが、当人の物語と千夜の関わりが部分的だったり、そもそも立ち位置が超絶としすぎていたりするキャラが人にも妖にも多すぎた。
実際、人生としてはそんなものなのだが、物語としてはちょっと未消化感が残るなぁ。

「アカギ(11)〜(14)」を再読了
鷲津麻雀は4〜5回戦。
鷲津迷走の4回戦から、アカギの血を捨てての続行、安岡さんの悪手からの致死量血抜き、そしてアカギの隠し輸血による致死量偽装が開示されるというあたり。
非常にテンポがいいうえ、ちょっと卑怯に見えるアカギの輸血も、その前の鷲津側の隠し資金の開示があったということで免責されているというきっちりした作り。非常に面白かった。
……なんで、ここから現在に至るまでがああなってしまったのか。
困ったもんである。

週刊ベースボールの今週号にはまだ山口の事件は載っていなかった
速報入れるくらいの時間はあったと思うのだが報道する価値なしとの判断だろうか

7/26 宇宙大シャッフル学園

巨人クルーズが楽天へ金銭トレード
楽天は藤田茂木が怪我で2塁がいないところ、ペゲーロも怪我で外国人枠余ってるしな。
2億かからないのなら獲得はわかる。
しかし今シーズン、外国人シャッフル多いなぁ。

横浜 6-5 阪神
ウィーランド好投も、7回裏反撃をくらい砂田加賀でなんとかぎりぎり1点リードを保つ
8回に阪神涯やのお見合いから2点入れて突き放すも8裏にロジャースのホームラン、さらに9裏に山下の悪送球から坂本タイムリーで再び1点差
死にそうな展開だったが最後は連投の山崎が福留を三振にとってゲームセット
しんどい試合だった…

7/27 デーモンプラント

横浜 3-10 阪神
ロペスが家族の体調不良で帰京したということでファーストはゴメス
飛車落ちにパットン三上山崎の登板もかさんでいるということで無理はしない采配は予想されたのだが、雨天再開でも流れは変わらず淡々と敗戦
石田砂田と一発に泣いたがその後はいただけない。
今日はランナーを得点圏にすすめてからの最低限もできなかった。

「週刊少年チャンピオン35号」
「出陣★昆虫武将チョウソカベ!」
鳥なき島の蝙蝠じゃなくてテントウ虫なのか
まだ1話の段階では長曾我部らしさとかは特になくいまいち方向性が見えてこなかった
バディにするには戦闘力がないので昆虫武将が続々出てきたりするのかな
そーゆー漫画はけっこうありふれているのだが
「虚ろう君と」
さなかの露出プレイ
見える人も稀にはいるのだから恥ずかしがってほしい
「AIの遺電子」
須堂先生がいろいろらしからぬ行動をしてるなぁと思ったら来たのは急展開
どうなってしまうのか
「JINBA」
ツインドライブw
「六道の悪女たち」
般東VS幼田番長
バイク突撃を軽くいなした般東のパワーに対し、番長として立派に成長した幼田さんの精神ポテンシャルが頼もしい
熱いなぁ
「吸血鬼すぐ死ぬ」
ハイテンションロナルドに翻弄されるドラルクが

「理想のヒモ生活(1)」再読了 
コミカライズを読んだので原作を再読。夜もやることはやってるんだが、やはり原作は昼のほうに重点ありだった。婿入り前の身辺整理とか、後宮の生活環境整備とかが面白い。政治がらみは次の巻からぼちぼちだったはず。

「家康、江戸を建てる」読了 
治水、造幣、用水、石垣、天守閣 
江戸開府のインフラ整備の話が5編。どれもなかなか面白いが、どのPJも当初の予定通りには進んでないのに技術者がちゃんと説明すれば納得して、やることやらせてくれる家康公が夢の発注元すぎて困る。追加予算もくれた模様
いいなぁ

亀田俊和「観応の攘乱」読了 
ぐたぐだにかけては右に出るもののない室町幕府の最初のぐだぐだたる足利兄弟の戦いの解説書 
話としてはわかるが、やはりぐだぐだ 
尊氏か直義か南朝か、誰か毅然としてイデオロギーに殉じろよと 
高師直は、ふつうだった

7/28 U40から来た男

「アイドルマスター シンデレラガールズ U149(1)」読了 
チビPと年少組のアイドルの話。 
短いサイクルでしっかり成長を見せてくる若々しさがイイ感じ。 
そういえば晴くんも小学生だったか。ときどきセクシー枠に入ってくるのでもう少し上の印象だった。

7/29 ピット機関だ

ウルトラマンジード#3視聴
エレキングとピット星人が登場
「その子を殺さないで」と言うかと思ったら「楽にしてあげて」と言い出すピット星人。しかし伏井出ケイさんにカプセル怪獣にされて楽にはならない模様。 
別個体扱いになるんだろうか。

リアルMTG
ドラフトは緑黒で1-1
雨だったので近場で飲んで帰宅

7/30 うらぎりくん

横浜 4-5 巨人
飯塚は勝ち投手の権利は得られなかったが1失点でしのいで、7回に筒香の2点タイムリーなどでリード
しかし、三上が石川と陽にソロ2被弾し詰め寄られて、最後は山崎が村田相川に打たれてサヨナラ負け
残念だった

7/31 ロンドン橋オープナー

特段の理由がない限り作業机で広げられないA3のチェックリストとかあり得ない(会議室でのレビュー会とか、客先説明ならわかる)と思っているのだが、品質部にA3大好きっ子がいてA3テンプレートが蔓延している。
どういう文化でA3なのかさっぱり理解できないが近寄りたくもないので特に何も言う気はない

「クリスティ・ロンドンマッシブ(5)」読了
新谷かおるの一時休筆最終作となったこの巻をどういう風に〆るのかと思ったら、モリアーティ教授とかホームズ氏とかの悪い/チョイ悪い大人は出てこなくて、聡明でそこそこ開明的な好青年のジョージ青年がクローザーの役目を果たしていた。
予想よりはおとなしめだったが次世代への種はそこそこ撒かれていたし、そもそもレディは人外に片足を踏み入れている人なのでこの後も快活な貴族女性の枠を踏み外していろいろはやってくれるのでしょう。
そのへんは想像の中で。

8/1 浪花の大ごんぼ

今日から大阪出張
なのだが、来週月曜からのタスクが急に社内作業でなくなっていろいろ準備・調整の作業が追いかけてきたのが困るところ
めんどくせー

野球は中止、新世界で串カツ食べた
そういえば留学生不法就労で送検されたのはここのだるまだったか

8/2 三国峠をダイナマイトで爆破すると上杉謙信がやってきて関東がほろぶ

横浜 4-4 中日
終盤に、三上山崎が仕事を全うできず粘ったが引き分け
てっきり今日は、最後平田とかがリードを許して谷元に抑えられて負けて、「くそぅ日ハムめなんてことをしやがるんだ」となる案件だと思ってたので引き分けで助かった

「週刊ベースボール」今週号読了 
DeNA特集はよかったが、先週に引き続き山口の記事はなし、あと谷元もなかった 
もう少し野球メディアとしての存在感を出して欲しい
今のところ10年後での資料価値があるようなものでもなく、ネットの記事ほど軽く読み捨てられるような立ち位置でもないのが残念

嶋津義忠「上杉三代記」読了 
三代記と言いながら各代が断絶しててストーリーがつながっていなかった。
しかし断絶してるのが上杉の上杉たるところかもと思う。

8/3 理解(テッド・チャン級)

「もっとマンガで分かる!Fate/GrandOrder」読了
FGOはやっていないが同人誌のエロス担当の変遷はそこはかとなく知っている
しかしこの漫画にはその辺の人たちはさっぱりでてきていなかった
まぁ「コハエース」みたいな頭身でエロスとか言われても困るが

「週刊少年チャンピオン36+37号」
「吸血鬼すぐ死ぬ」
海の家の事案
吸血鬼マイクロビキニの残滓が消えるまで、V3、海の家マン、X、アマゾンズと続く地獄物件かここは 
「クラスメイツ」
単行本最終巻が紙で出なかったマル勇の木佐貫先生の読み切り
黒髪ロングこわい(今度は熱いお茶が一杯こわい) 
「六道の悪女たち」
妖精番長さん、お疲れ様でした
よしよしがパワーあった 
そしてそんな番長さんの精神的支えになっている主人公の頼もしさよ

横浜 4-3 中日
今永で連敗ストップ
山アも気迫の投球で連夜のセーブ失敗を取り返した
大型連敗をしないのはいい傾向である。

8/4 安部のサードが素

大阪での仕事終えて帰京。次はお盆明けに行く予定。
結局4日ともずっと宿のインターネットはさっぱりつながらなかった
アンケートに文句は書いておこう。

横浜 13-3 広島
徹夜明けのロナルドみたいなテンションだっだ一回の広島だったが、完全に寝落ちしたようだ 
やはり昨日の試合が12回引き分け+当日移動だったのダメージはあったようで
しかし、終盤から出てきた乙坂白崎シリアコは結果を出せず
まだまだベイスターズは非レギュラー組の層が薄い

「左門くんはサモナー(10)」読了 
最終巻
楽しんでいる「吸血鬼すぐ死ぬ」と似た構成で、特異な主人公と人外を含めた諸々とのドタバタまんが。
最初はけっこうは楽しかったが7巻〜8巻あたりの腰砕けバトルや薄いパロディで失速してそのまま墜落した。
ジャンプ漫画なのだしうまく20巻くらいまで回せばアニメ化とかも見えたろうがちょっと力不足だった模様。
次回作とか期待したいのだがあるんだろうか。

「泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部」読了 
ホウ統の加入から白帝城まで 
時期的に孔明の変態性発揮は孫夫人にエロトークとかエロアーマー贈ったくらいしかなかったが、他の連中が好き勝手やっていた 
特にすごかったのが唐突に関羽のそばに出現した周倉の設定
いいのかそんなの戦場に立たせて

7月のMTG Online
破滅の刻のドラフトはけっこうおもしろいがなかなか勝ち切れない。
遅くなったのは確かなんだが安定性と勝ち手段の太さをどう確保すればいいのやら。
7/7 AKH*3 Draft 〇×〇(赤白。普通のデッキで普通に回って勝って事故って負けた。普通だ…)
7/7 AKH*3 Draft ×××(黒赤サイクリング。有効牌が何度シャッフルしてもライブラリの底)
7/14 AHH Draft 〇〇×(青赤果敢。最後は黒緑の砂漠シナジーデッキに僅差負け。いい勝負ではあった)
7/14 AHH Draft 〇〇×(青赤果敢。除去が前より弱かった。蝗の神は一度も場に出ず)
7/15 AHH Draft 〇〇×(赤緑ロナス。格闘系はそこそこそろっていたが確定除去はなく。最後はマナ詰まった)
7/15 AHH Draft 〇×〇(赤緑。どうしてもレアが赤をやれと言ってくる…)
7/16 AHH Draft ×〇×(黒緑-1/-1カウンター。マトモなドローが1回もなかった)
7/21 AHH Draft ×〇〇(白緑砂漠。除去なしだったが相手のデッキが丸かったので2つ勝てた)
7/21 AHH Draft ×〇〇(白黒ゾンビ。神話馬は除去されなければダダ強だった)
7/23 AHH Draft ×××(グリクシスコントロール。ドローしてもサイクリングしても引きが全くかみ合わず)
7/23 AHH Draft ×〇×(青緑タッチ黒ビッグマナ。またかみ合いが悪かった)
7/27 AHH Draft ×〇×(黒緑。黒ラス以外レアなし。押されてる時の黒ラスの頼りなさが泣ける)
7/27 AHH Draft 〇×〇(青緑タッチ黒。空想の脅威×2がいまいちハマらず。スカラベの責め苦も微妙だった。最後のマッチは正気減らし貼られたのでサイド入れてデッキ50枚にしたりも)
7/30 AHH Draft ×××(赤白カルト―シュ&試練。アモンケット*3みたいなデッキができたが、おそろしくドローが悪かったため全くゲームにならず)

8/5 絶対勝利だVRVロボ

うなぎOFF
今年はあまり並ぶことなく、うなぎを食べて12時前には店を出たところ朝には使えていたスマホが電源入らない状態になっていた
ショップに行ってみてもらったところ、OSが壊れてそうだということで後日購入したショップに持ち込んで交換対応依頼する方向に。
どうもマシンの不具合らしいがリコール対象とは認められていないらしい。

ウナギの次はVR。
初めて体験してみたのだが、エンターテイメントで使える程度のコストのVRでは、実世界を侵食するにはまだまだだなと思った。
VRガンダムはいまいち、VRマリオカートは普通だったが、VRシネマティックアトラクションとやらのVR機動兵器ナビおねーちゃんには可能性を感じた。この方向性で「VR借金姉妹」とか「VRBrightia」とか出ないだろうか。
最後に体験したVRのホラーは、途中でVRの右手が応答しなくなる不具合が出て、時間切れでゲームオーバーになってしまったのが消化不良。最後にPC-88の「プロデュース」みたいな画面になって、残りの2人を誘導して自分のところまで連れてくるというミニゲーム(ラストイベント?)になったのだが途中のイベントをかなりすっとばされたと思う。

夜、肉バルでの宴席。
肉とか飲み物とか店員の質とかまぁ新宿レベルだった。
残念ながら明日は仕事をいろいろ片付けないといけなくなったので、麻雀は参加せず帰宅。

横浜 4-7 広島
先制されて逆転するも再逆転されて突き放された
松山と安部が途中交代してこれができる層の厚さとか、やはり広島は強い

8/6 au伝説サーガ

出社前に携帯のショップへ行ってきたが、説明の順番とかもろもろがひどくショップ本位で印象悪かった。
最終的に機種変更になったのはまぁしょうがないのだが、なんで修理も交換もすっとばして機種変更ありきで話し出すのかと。
そのほかいろいろ不本意にか感じたことが多く朝からぐったり。
闇に滅せよ。

横浜 4-9 広島
敗戦
まあエスコバーの先発評価に使った試合で負けはしょうがないがタナケン、加賀がこういう失点したのは今後の課題
また倉本がヘイト稼いだ模様。
頑張ってるんだが、要所要所で印象悪いアクションしてしまうのはなんでなんだろうなー

8/7 メビウスクライン

クラインが帰国
春の現地観戦で先発に3連続で当たって2勝。お立ち台も見たのだが投球自体はずっと不安定だった。
2軍落ちで修正にあたったがうまくいかず、このタイミングに怪我の治療で帰国となるともう帰ってこないだろうなぁ。
残念だがしょうがない。

本屋に行きたかったが、台風が来て雨が降り出したので客先作業から直帰。
ねる。

8/8 台風のフーコー(振り子打法)

台風は北陸の方にそれていったが気圧のせいかテンション低い

寝る前にMTG Onlineで破滅の刻のドラフトを。
初手は「誇り高き君主」、2手目に「圧倒的輝き」で粘って盤面を制圧する方向性を志向するが、使えるマナ加速が全く流れてこず(「マナリス」はともかく「砂の下から」はさすがにアンプレイアブルだろう)
砂漠も1枚しか取れず(アンコ黒とアンコ白流してるしなぁ)「砂丘の易者」もメインには入れられない愚直な白緑タッチ黒。
誇り高き君主、冠毛の陽馬、圧倒的輝き、ロナスの勇者、不帰+回帰のレア群が動き出すまで生きられるか心配だったがなぜか3勝。実のところこの環境のドラフトで初。
ビートダウンに当たりまくったのでロナスの勇者とスカラベの責め苦は毎回サイドアウトだった

横浜 5-8 ヤクルト
ホームラン3本を浴びせるが、くらったホームラン2本が逆転満塁+ダメ押しツーランといずれもタイミング最悪で負け。
投手陣に疲労が出てきているのか最近こういう試合多い、リードしてる戸柱は要反省ですなぁ。

8/9 ファイナル・セーラー・クエスト(バイト編)

横浜 7-2 ヤクルト
ウィーランド仁王立ち
最後三嶋がバタバタしたが三上、山崎を使わずに終えられた
クラインは残念だったが、ウィーランド、パットンがこんな感じで貢献大なので今年の外国人は総計としてはプラスだと思う。
しかし山口の完投ポイントの穴は大きい。

内水融「アグリッパ(1)」読了
ガリア側からの戦記
格好はいい。しかし、ガリアの気合いと根性と男意気だけでカエサルのローマ軍の相手は無理ゲーとしか思えなかったのだが、このあと主人公の挫折と成長を描く巻数はあるんだろうか。

「ようこそ! ジョナサン異世界ダンジョン地下1階店へ。」読了
序盤で、ファミレス店員の主人公が、お客として来た魔法幼女に突然タメ口をききはじめたのにつんのめってコケたが、読み返したらフレンドリーに話すような要請はちゃんとされていた。
普通なら第二ヒロインの位置にいるのがお姉ちゃんというのが最大のポイント。
異世界とファミレスの噛み合わせはほどほどだった。
キャラはいいがダンジョンに立地することによる物語の強みとかは感じられず。

「百万石の留守居役(9)因果」読了
参勤交代にくっついて加賀に帰ってきた主人公だが、実家で待っていたイベントも多くてんてこまい、それなのに江戸は江戸で勝手にイベントが進んでいて実にたいへんそうである。1巻から暗躍していた小沢さんがあずかり知らぬところで退場してくれたのがせめてもの救いか。
プライベートは半歩くらい前進したみたいだがゴールはまだ見えないなぁ。

8/10 「今だ、ライジングになりなさい! ラ・イ・ジ・ン・グ」

仕事はいろいろと想定外があった
なんとかお盆休みには入れそうだがどっかで一回出社する必要はある

横浜 6-1 ヤクルト
今永7回1失点のエースのお仕事に、小ネタの効いた攻撃で逆転して9回に駄目押しが出て山崎が完璧
ひさびさに完勝だった。

「響(7)」読了
純文学の世界はいい大人とサンドバッッグばかりだったが、ラノベの世界には悪い大人とか敵とかいろいろいてたいへんになるかとおもったらまだたいへんにならない。
というかまだ、友人の天然ズの方がやっかいそうである。
常識人枠が2人部活引退とかどうするんだ。

横島一「仮面ライダークウガ(7)」読了
アギトの物語は雪菜アギトから翔一アギトへ。
一方クウガはメ・ギノガ・デの毒から復活したと思ったらもうゴ集団が出てきた。マトモに戦ってるグロンギが少ないうえ、TV版のようなエピソードすっ飛ばしもないので、クウガがパワーアップも人外への接近も戦闘経験も人間関係の掘り下げも全然足りてないのだが大丈夫なんだろか。
ライジングになれないかわりにアギト(初期状態)との共闘でダグバに挑む……無理ゲーっぽいぞ。

8/11 暑さ寒さも被弾まで

横浜 1-8 阪神
開幕投手石田が今日はさっぱりで、全く粘れず鳥谷中谷ロジャースに被弾(鳥谷はキャンセル)、今シーズンワーストの投球内容で早々に大量リードを献上して大敗
こういう試合でタイムリー打って、大事な場面で打てないのが倉本の持ってなさだよなぁ。
そんな倉本に取って代わることを期待する声さえ聞こえないかつてのショートレギュラー白崎のひどさよ
闘魂注入ゴメスはまぁいい当たりしたのだが、大和が上手くてダブルプレー
白崎にくらべれば全然見どころのある結果だった
あと岩田、中谷と前回やられた相手に無策すぎ
ロジャース対策も含め明日はちゃんとやることやるべし

8/12 サイクルマン

今日はコミケで上京している福島さんが夜、横浜スタジアムへ行くらしい
合流して一緒に観戦するということも考えたのだが、行かない理由が3つ
 ・内野立見席で2時間立ってる体力がない
 ・阪神ファンは大洋〜TBS横浜時代に複数回不快なことがあったのを根に持っている
 (すべての阪神ファンがマナー悪いわけではないと理解はしている)
 ・昼、仕事
まぁそういうわけでで

横浜 1-2 阪神
仕事から帰ってきてからニコニコ視聴。
阪神福留の攻守の活躍と、球審市川のひどい可変判定にやられた試合だが、地味に代打の力弱さが痛い
白崎荒波となんの仕事もできずエスコバー、嶺井の後の可能性を潰したただけで終わった結果が13安打1得点(筒香のHRのみ)で延長砂田被弾
昨日よりは試合になっていたが残念

「Odds! Versus(1)」読了
無印、GPと読み終わってやっと最終章までたどりついたら無印1巻のセルフオマージュぽい情景から始まって、まだ主人公不幸&力不足なまんまなのかとちょっと暗澹とした。そういえば「B・B」の作者だったなぁ。

8/13 まぁじゃんぼうそうき

横浜 8-2 阪神
復帰戦の先発濱口は先制されるが、阪神中谷のLEDエラーで逆転してもらってからは完璧な投球で6回を投げ切る。
そして打つ方は、倉本2点タイムリー、筒香2連発、桑原もあわやサイクルの猛打賞と昨日の拙攻が嘘のようにつながって快勝
最後は三上、平田、三嶋で勝ち切った
ちょっと三嶋だけはいただけなかったが、さすがの3タテ回避力

「ゲッターロボ牌(1)」読了 
ゲッターロボ×麻雀漫画ということでちょっと話題になっていた作品だが、しっかりゲッターロボだった。
しかし麻雀漫画としての闘牌はいまいちで、まだゲッターの性能に振り回されている感が。

8/14 ジード無念流

ウルトラマンジード#5「あいかた」視聴 
モコ(いぬ)の鋭いツッコミをもってしても前途多難な芸人の人はこれから生きていけるのだろうか……非常に心配だ
ウルトラマンジード#6「 僕が僕であること」視聴 
「機は熟した、そういうことです」「すべては順調です、わが主よ」 
この2人がなんか似たようなこと言っている感じがしてなんとなく不安。なんせ主人公のメンタルが超発展途上なもので…

8/15 妖星から来た兄弟

キュウレンジャーの録画を消化して映画見に行った
エグゼイド映画、なるほどVRニコちゃんが犯罪的と聞いていたがこういうことかと納得
なんだったんだビルドとか、トゥルーエンディングはトゥルーエンディングでもそっちの親子のトゥルーエンディングかとかあったが総じていい話
キュウレンジャー映画は、いきなり司令が単独で敵基地に潜入して返り討ちになるところから、他の星系にケルベロスキュータマ探しに行ったりしているのにすごいいいテンポで話が転がっていた。
直撃するまで致命傷にならないまんが妖星の描写は引っ掛かったが、楽しいお祭り騒ぎ
で、想像したもの
ティアマト彗星を迎撃するFWゴジラ
ティアマト彗星を迎撃する仮面ライダーカブト
ティアマト彗星を迎撃する宇宙戦隊キュウレンジャーinケルベリオス <--New!

野球は雨天中止
9月の日程が厳しくなってきたが振り替えでまたチケットを買うチャンスが来るともとれる。

8/16 代打や東郷

そろそろ機種変更の際に勝手に入れられたスマホのサービスの設定解除をしようと思ったら、異様に面倒なパスの果てに暗証番号とかいうのを求められて最初の契約の時の紙を掘り出して入力したら違っていると言われてロックされてしまうというていたらくで朝からテンションダウン
この番号が、クレジットカード並みのセキュリティ強度なのか、簡易書留かショップで直接手続きかしか問い合わせを受け付けてくれないという使いにくさ(そんなもの使わないと設定解除できないようなものをデフォルトで入れるな)で非常にうんざりしていたが、ショップは1時間待ちとかでさらにうんざりと。
これで店員がまたインターネット回線とか浄水器とかの余計なサービスとかの話しをしだしたらキレていたかもしれない。
あやうかった。

横浜 3-2 中日
雨の中、ウィーランドが2ランを被弾して先制されるも今日もQS達成
我慢の展開だったが、粘って追いついて最後は倉本のサヨナラタイムリー。ひさびさにいい場面で最高の結果を出してくれた。 
そして今日は嶺井もヒーローだった
代打での登場から粘って白崎の帰還を演出、9回のピンチも山崎をリードし切り抜けて、最後はサヨナラのランナーになるヒット。
いい仕事してたよなぁ。


過去の日記/ 過去日記インデックス 最新の日記
★突っ込みが入ると喜びます(場合によっては凹みます)★
戻る