日記2017の部屋

日記2017

(大鉄人)

の部屋

戻る

過去の日記/ 過去日記インデックス 最新の日記
11/16 武藤かと思ったらムートー

DeNA、戦力外の中日武藤と楽天中川を獲得へ
トライアウトは昨日だったが、トライアウト参加外の戦力外から2名
中川は右のバックアップ候補の内野手、武藤は横須賀四天王の枠が空いているのでそのへんにハマってくれればええなぁと

「週刊少年チャンピオン51号」
「吸血鬼すぐ死ぬ」
女子会話という予告を見て、ソックスハンターの連投を心配したがさすがに出てこなかった
あっちゃんは、まぁ無理か
「ロロッロ」
ポリスを呼べ
と思ったが一番の案件がそのポリスだった
「おタエさんは今日もたべたい」
多いなぁ、ミミック憑き
日本のエンゲル係数とか大丈夫なんだろうか
「GREAT OLD」
バディ物になったのか
次の短期目標がはっきりしたのはいい感じ
しかし無所属ってそんな顔するほどのものなのか
「魔入りました入間くん」
どのご家庭も楽しそうでいいですなぁ
「鮫島、最後の十五日」
白い百雲に戻ったうえできっちり食われた
予想通りと言えば予想通りなんだが、こっから百雲どうすんだ
「MASTER&D」
アンケートの上位3つに入るほどではないが、このノリは好きだ
「チャンみつ」
レイモスの目(GREAT OLD)が載った

「この世界がゲームだと俺だけが知っている(8)」読了
コミカライズ版 
原作で非常にわかりみのあった、死亡エフェクトの当たり判定と連打系スキルの組み合わせによるアイテムドロップバグのところ。原作はシステムの説明にアドバンテージあったが、漫画はリアクション描写重点。
しかし、これだけやってぎりぎり勝利というのだから、ヒロイン補正おっかない。
そのヒロインに対する、ゲームのリアル化を突いた濡れ透け攻撃の方は……コメディ寄りの絵だからあんまりエロくなかった。残念。

11/17 アン一門の逆襲

MTGアンステアブルのプレビューが始まってた。
未来予知から「からくり」の登場が成って、それ以外も意欲的だが本流に加えるにはちょっと冒険的すぎるようなアイデアのカードが数々と面白そうな部分もあるはあるのだが、前2作にくらべ、無茶苦茶なカードだらけという感じにはなっていないのが若干物足りなく感じたりもした。
どうせ、大して買うことはないので関係ないといえば関係ないのだが。

11/18 ずのうせんしガル

本屋に寄って移動。
普通に今週の新刊をまとめ買いしたのに加え、コミックスを特装版で買ってしまったのと、おまけにつられて美少女文庫と同人誌の同時購入をしてしまったりしたおかげで今日の本代が1万円オーバーに
困ったもんである。

リアルMTG
ドラフトは遅めの青黒海賊で○○、エンチャント・強化呪文に欠ける青緑マーフォークで○×。
空いているところに入れたのだがそれでも、引きの差で左右されるデュエルが多すぎだった。
マルチの方は、負けないために全体火力を打つ場面で、勝たせないための2アクション目を探しに行くのに思い至らなかった自分の頭脳の回りの不足が不本意だった。
老化のはじまりだろうか。

11/19 プロフェッショナル魂

「宇宙戦隊キューレンジャー」
仮面ライダービルドが燃えよドラゴン回だったが、こっちは燃えよドラゴンVS燃えよデブゴンだった。
今回のジャークマターの怪人はシンプルな造形で好み。

ウルトラマンジード第20話「午前10時の怪鳥」視聴
フォームチェンジてんこもり回。
ジードもすっかり皆に受け入れられたヒーローになって初回の引かれっぷりからは隔世の感。よかったよかった。
バックボーン全部吹っ飛ばして、ただ再生する怪獣として扱われたギエロン星獣にはちょっと不満があるが、これも伏井出ケイって奴の仕業なんだ。 

「僕のヒーローアカデミア(16)」読了
敵基地突入 
天喰くんや切島くんのいいところはあったが、インターンと同じレベルで体張ってるプロヒーローがちょっと幻滅。こーゆー場面でプロらしい立ち回りを見せてもらいたいんだが… 
特にロックロックさん。事前会議での態度は問題点洗い出しの為、あえて憎まれ役やってたのかと思ってたんだが、ちっとも洗い出せてないうえ現場でも同じ調子ってどうなのよと。
アジアCSというのはつまるところ
今までは中国も入れて4ヶ国でリーグ戦をやっていたのだが、誰がが、今度は中国抜きやろうぜと言い出したというものなのだろうか
とにかく勝って船出できたのは稲葉ジャパンにはいいことだ

11/20 さよりなパラダイス

岡本倫「パラレルパラダイス(2)」読了 
どうせ、寸止めで終るのだろうと思ったら、すんなりインサートからフィニッシュまで行っていた。 
そしてこの巻だけで3人もミッションコンプリート。やるなぁ。  
いちばんダメな子は放置プレイが楽しそうなのでこのままでもいいかも。

11/21 ライトンのベル、トケイダーのサーカス

「傭兵団の料理番(1)〜(4)」再読了
異世界料理。ただし、技術と知識だけの裸一貫タイプ。
この異世界にこれがあるのかとか、この異世界でこの言い回しが通じるのかとか枝葉末節で引っかかる部分があるのだが、主人公の天然行動&料理おもてなしパートと、そのアクションが謎なピタゴラスイッチを発動させて裏で人や歴史を動かすパートの落差が面白い。
しかし、だんだんスケールが大きくなってきて、ちゃんとクライマックス描いてエンディングにもちこめるのかも心配。

「俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する(3)」が今月出るらしい
今年読んだのラノベの中では上位3位には入るレベルで好きなので買うのは確定。
俺的新人賞のライバルが3巻でちょっと失速しているので、期待する部分は大きくなっている。
がんばれ。

11/22 エンチャント(ライブラリー)

「週刊少年チャンピオン52号」
「鮫島、最後の十五日」
白百雲が出し切ったうえで王虎に敗れてどうなるのかと思ったら、やっぱり終わってしまった
泡影戦ですでに終わっていてあとはただのゾンビだったってのは、それで壊された力士が浮かばれない感じでちょっともやもやする。
「吸血鬼すぐ死ぬ」
臨獣オーストリッチ拳、強いなぁ
「おタエさんは今日もたべたい」
逆境坂さんが急速にポンコツ化してルビくんハームの一員になりそう。
ハーレム先達のイケメンは敵になるのか味方で済むのか。
「誘惑の鬼姫」
もののけとギャルの百合に少年が介入
いい雰囲気だがチャンピオンにはめずらしいタイプ
ステップアップの方向性が見えない。

本屋に寄って帰宅。
休み前に出るかと思った本が出ていなく、予定より少なくなったがそれでも5K。
昔に比べ、文庫本とか高くなったよなぁ。

11/23 EDしぐさ

祝日。
積んである本をざくざく読んだりした。
「鋼の錬金術師」のおまけ4コマ総集編本とかなぜこのタイミングで出てるんだろうなと思ったら、大変残念なビジュアルの実写版宣材が織り込まれていてああ、これだったかと思った。

和月先生が児童ポルノの単純所持で書類送検されて「るろうに剣心」の北海道編があぶないという話。
とはいえお色気描写が中学生レベルだったことに定評のありすぎる和月先生だけに、ハマスタレジェンドの中山先生とかと違って実行為に及ぶおそれはまずなさそうで、違法なブツを持っているくらい生あったかい目で見逃してやれよと思わないでもないのだが、報道機関は容赦しないのであった。

阿部正行「強くてニューサーガ(9)」読了
締めに入ってきたようでいろいろ落ち着き先が決まってきた。
大侵攻前に人間側防衛体制確立、魔族側勢力2分までもってこれたのは2周目でさんざん苦労したおかげ。頑張っていたからなぁ。
あと伏せ情報は1枚2枚くらいなのでこのまま3周目突入とかせずにすんなり終わってくれることを祈る。
そろそろ楽隠居させてやらないと本気で幸せな老後とか危なそうなので。

11/24 負ける技術

天野純希「北天に楽土あり」読了 
最上義光の物語
伊達やそのほかの視点からは、謀略大好き妹大好き鮭大好きの優秀な当主の元、盤石っぽかった義光最上家だったが、立場を変えて見てみればここっちはこっちでいろいろあったんだなぁと面白い。
損得より情念で戦争する最上義光は、上杉に粘着したり伊達のやりかたが理解できなかったり豊臣憎しでいろいろ見えてなかったりといかにも旧タイプの田舎大名だが、いい人だけにそれなりにやり切って終われたのはよかったなぁと。
あとのことはもうしゃーない。

「GODZILLA 怪獣黙示録」読了。
怪獣軍団出現にシン・ゴジラ全国版みたいな人類ズタボロからのギリギリ抗戦から、真打ゴジラ出現でアメリカ壊滅
宇宙人技術で反撃開始(ただしゴジラとはまだ戦ってない)とゆー豪快な話だった。
いいところで終ってるが映画アニゴジの前日譚と言うことで予想通りこの後ゴジラには歯が立たず負けるらしい。
ブラックホール第三惑星人とX星人との接触を経て、ジェットジャガー、モゲラ、スーパーXU、メーサー殺獣戦車、マーカライトファープ、轟天号、神宮寺大佐まで戦線に投入したが、まだマンダ、ビオランテ級までしか勝利実績がなく、対ゴジラ作戦だものなぁ。
それは負けるわ。
せめてガイガン、キングギドラ、バトラ、デスギドラ、デストロイア、モンスターXくらいには拮抗したかった。

11/25 発狂する宇宙

「ウルトラマンジード」
グビラ登場
リクとペガがカップル過ぎてもうたまらん

リアルMTG 
先週買ったドラフト用のスリーブが、仮面ライダーBlackRXを2つ買ったつもりだったが仮面ライダーBlackRXと仮面ライダーBlackで、リアルに「RXじゃない!?」と門矢士してしまったので、イエサブで追加購入。
ドラフトは、3色の海賊と、普通の吸血鬼デッキだったので事故とか不利な状況からネジ返す手段もなく淡々と負けるのはしょうがないと納得するが起動コストの数えミスはいただけない
ちゃんとやらないとなー。

11/26 消された時間

特に何もなし

11/27 ガブリボルバー

伊東潤「城を噛ませた男」読了 噛まれたのは名胡桃城
まあ、真田昌幸のやることだから…
まんまとやられた猪俣さんは、もうしょうがないとしか

11/28 水魚のポーズで精神集中

瀬野反人「おばあちゃんとゲーム(2)」読了
PS/サターン時代のゲームと子供とおばあちゃんのほのぼのとした日常。
この子が成長したら残念博士みたいになるのだろうかと思ったが、おまけ漫画でなんだがまっとうな成人女子になっていた。
残念。

ネット麻雀をやってままならさにキレる
我に返って大変恥ずかしい
いつまでたっても人間性能が低いなぁ、自分

11/29 マスタット・タイラー大逆転

仕事
現地で、そりゃないだろうというレベルの予定外対応が降りてきて非常にうんざりする
できれば仕切り直しにしたいのだが、今月中リミットというのでしょうがなく対応
しんどいなぁ

新城カズマ「島津戦記(1)」読了
戦国のバーサーカー・島津四兄弟に伝奇で味付けをした結果ロマンスが大航海時代に宗教戦争で光秀、秀吉、(小西)隆佐とも関わりがあったりと、野放図な世界の広がりが発生して。これからどうなるのだろうという期待感を感じさせる立ち上がりだった。 
島津に翼が生えたら確実に迷惑を受ける勢力は増えそうだなぁ。 
大友、大内は確実っぽいが(ラストにちょっと出てきた)織田まで届くんだろうか。 

銅大「SF飯 宇宙港デルタ3の食料事情」読了
若旦那のSF世界ぶらぶら生活。飯の話もあるが衣とか住とか人間関係とかもあって、いわゆる異世界料理系とは違ったノリ。
世界設定の巧みさと、そういう世界設定で人の営みはどうなるのかという考察に基づいた生活描写が良くできている。さすがのSF
辺境の、リソースは乏しいが奪い合わないと生きていけないほどでもないというわりと余裕のある世界設計と若旦那のふんわかした性格がかみ合ってだいたい快だった
そのへんはいろいろ、世界をクリエイトした大母さんとやらのおかげか。

11/30 風来の試練

「週刊少年チャンピオン1号」
「鮫島、最後の十五日」
田上さんの存在感を見せつけつつ王虎上げ
そして最後に邂逅から、十二日目王虎-鮫島の割り発表、と盛り上がってきた。
無印から因縁の相手だに激しい取り組みになりそうでますます鮫島の体が心配です。
「出陣☆昆虫武将チョウソカベ!」
最上の駒姫、こっちでは元気そうでよかった
しかし元気だったおかげで最上義光の敗死を受け止めなければならなくなったのは、それはそれで辛い
「吸血鬼すぐ死ぬ」
ドラルクとロナルドの大人げないバトル。
デメキン(中立)、ジョン(ドラルク派)、メビヤツ(ロナルド派)と、事務所内のバランス・オブ・パワーが拮抗していていい勝負になっていた。
「あつまれ!ふしぎ研究部」
部長に続いて松子も強キャラの位置から脱落しかかる
バランス調整が激しい
「MASTER&D」
短期集中連載終了
すごいイイというレベルではないが、トボけたノリはけっこう好きだった

藍月要「俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する(3)」読了 
高専生の、エンジニア的アプローチからの異世界攻略、今回はVS自動生成ダンジョン。 
今回のやり方は、なるほどわかるわと言った感じで、納得はするが感心するほどでもなし。
そして、ストーリー側は……ああ、そっちを進めたのかと
たしかにメインのカップルは盤石すぎて、さらに二人きりイベントも発生して、もうザザさんどうにもならんわーレベルだったので他を進めるのはわかるのだが、リーダー氏も実はけっこう難儀な人だった模様で、ここを掘り下げて面白いエンタメになるのかというとちょっと疑問。
エンジニア面を掘り下げてほしいのだが。

12/1 QSター・ガイ

仕事
現場にて、それは気づいて事前に潰しておけよ自分というレベルの想定外で時間を食ってしまった。
ちょっと11月はいろいろと自分のクオリティが低くて苛立たしい
社内のデザインレビューが役に立ってないので、自分でちゃんとやらないと自分が困るのだが。

今年の野球観戦は14戦、9勝5敗で勝ち越し。春先のクライン先発試合で3戦3勝は謎だった
タイミングが合わず、あまり神宮にはいけなかったが最後にマツダ、ヤフオクと遠征に行けた。
パに勝つところを一度も見れなかったのは残念。

3/26 横浜 2-4 西武 西武ドーム OP戦 ウィーランド
-------------------------------------
4/1 横浜 6-1 ヤクルト  神宮球場 クライン
4/16 横浜 6-3 ヤクルト 横浜スタジアム クライン
5/20 横浜 6-4 巨人 横浜スタジアム クライン
5/23 横浜 9-4 中日 横浜スタジアム 濱口
6/3 横浜 3-7 ソフトバンク 横浜スタジアム 平良
6/10 横浜 2-6 西武 メットライフ西武ドーム 平良
6/25 横浜 6-0 ヤクルト 神宮球場 今永
7/17 横浜 2-1 ヤクルト 横浜スタジアム 今永
8/24 横浜 5-4 広島 横浜スタジアム 今永
9/7 横浜 1-11 ヤクルト 横浜スタジアム 今永
10/3 横浜 3-1 中日 横浜スタジアム 綾部
-------------------------------------
10/20 横浜 1-0 広島 マツダスタジアム CSfinal 井納
11/5 横浜 3-4 ソフトバンク ヤフオク!ドーム 日本S 今永

12/2 倉庫句会

リアルMTG
ドラフトは吸血鬼と海賊で1-1
来月はもうイクサランの相克出るのか。早いな―

12/3 カットマイオー

先週は関西だったが今週はMXで「ガールズ&パンツァー 劇場版」が地上波放映ということで視聴。
PCの録画ソフトがマルチディスプレイに対応していないので視聴しながら作業していると、画面が窮屈。
関西同様、序盤は合同入浴とか学園艦最後の夜とか桃ちゃん号泣とかざっくりカットされていたが、大学選抜との戦いはノーカットCM抜きでやりきっていた。えらいなぁ。

12/4 ビブリーさん、はい

先月の本代がちょっと多すぎだったのでこれはちょっと絞らねばあかんなと重い、今月は本屋で目についたものを全部買うのではなく実績あるものだけに絞ろうとしたのだが、ひどいストレスを感じた。
先月は特に多かったのだが1年の平均でも10年前の実績から倍以上になっているのはさすがにアカン気がするのでなんとかしたいのだが。

11月のMTG Online
忙しかったのとイクサランが若干マンネリだったので数は少ない。
ネット麻雀と違ってあまり理不尽に負けることはなかったのだが、勝ち方がぱっとしない印象。

11/2 XLN Draft 〇×〇(黒赤海賊。初手レア海賊からバットリ中心に。カットラスは出てこず、神話レアが殺戮の暴君、絶滅の星、マガーンの鏖殺者、ヴォーナ、凶兆艦隊の荒廃者と出て困った。土地詰まりで1戦落としたがあとはなんとか)
11/10 XLN Draft 〇××(黒白吸血鬼。デッキは文句なし。しかし地獄のように事故った)
11/22 XLN Draft 〇〇〇(青緑。デッキ的には1パック目の風の如く2枚だけで全然駄目だったのだがバウンス3枚がハマって3勝)
11/22 XLN Draft ×〇×(緑赤タッチ白ビッグマナ。絶滅の星は強いがマナ加速と恐竜の引きムラが大きすぎて安定しない)
11/23 XLN Draft ×〇〇(黒白吸血鬼。普通の吸血鬼デッキ。特筆することもなく普通に負けて普通に勝った。普通でいい)
11/23 XLN Draft ×〇×(黒白吸血鬼。普通の吸血鬼デッキ。特筆することもなく普通に負けて普通に勝った。雑)

12/5 眠りのお勤め

朝、体調というか精神テンションが低調でブッ倒れていた。
大丈夫、仕事が忙しくなるのは週末だ。
ZZZZZZ…

12/6 甘々といらち魔

「ガンガンJOKER 12月号」
藤近先生のダダ甘漫画の直前に非常に胸糞な話が載っていて、藤近先生の話が非常に沁みたのだがやっぱり胸糞。
かわうそくんなんとかしてくれ。

12/7 買い得の螺旋

そろそろ寒くなってきた。
ボタンの全部とれた冬用のコートをどげんかせんとあかんのだがやる気が起きない。
さらにここ数年目が悪くなっていて針に糸が通せない。
吉良吉影の故事に則るとクリーニング屋はサービスでボタン付けもやってくれるようなのだが、そんな店見たことないでござるの巻。

「週刊少年チャンピオン2+3号」
「浦安鉄筋家族」
CS敗退を受けて、改めてカープ話
カラーにカープの赤が映えるが、勝ったベイスターズは全く出てこずロッテと巨人が
ちょっと残念
「吸血鬼すぐ死ぬ」
ロンリークリスマス話再び
ボンクラ力がちょっと弱かったが、カラーにサンタの赤が映える
「あつまれ!ふしご研究部」
しょんぼりクリスマス話が、ミニワンピサンタの登場ですっかりご褒美に
こっちがカラーでもよかった
「鮫島、最後の十五日」
王虎との対峙で一気に漲ってくる鮫島に好勝負の期待が膨らむところ
その後死にそうだがなんとか千秋楽までもたせられるか。
「六道の悪女たち」
乱奈さんが離れて行って戻ってくるに至るアンサーはなるほどという感じ
負けた童司側の顛末もいい感じに収まってロングエピソードの畳み方としてはよくできていた
六道の肩にかかるものはさらに大きくなった感じだが、まぁ頑張れ
「Gメン」
警察仕事しろ。「スリーセブン」の立川市か、ここは。
「ブンキテン」
リプレイ・ループものも、漫画小説TV映画その他含めけっこう見てきたが、「(作者はポジティブな話として書いているようだが)この主人公のやり直しは、他の人間の選択とその成果を踏みつけにしてもやる価値があるのか」という、引っ掛かりを越え損ねた作品はそこそこあって、これもそんな感じ。リプレイ・ループ前の主人公の状況の悪さ、過去に置いてきたものの価値、やり直しによって割を食う相手がいることに対する免罪が、いまいちうまくいっておらず、もやっとした読後感だった。
特に悪役ポジの人。主人公視点から見るからわかりやすい悪役ムーブに見えるが、実際はラノベ主人公によくある資金チートで俺TUEEEしているくらいのキャラなんじゃないかなと思ってしまったのでもうどうにもこうにも。
新人だからしょうがないとはいえ、師匠のパンダの人みたいなわかりやすいストロングポイントが見えなかったのも残念ポイント。

12/8 サイゴーさんのしわよせ

伊東潤「武士の碑」読了
村田新八の西南戦争。
西郷先生がそれはもう大西郷だった
武士の時代を終わらせる話だったのか、西郷先生を終わらせる話だったのか。

「おタエさんは今日もたべたい(1)」読了 
アイさんは最後のおもてがえりからすごくいいキャラになったよなぁ 
妹もおもてがえる機会来るんだろうか

12/9 正月や、なんだかんだの一里塚

休日作業
ずっと、進捗の見えないタスクをやっていて非常に疲れること疲れること
休み休みやって何とか一里塚までこぎつけたところで力尽きた
まだやらなければいけない部分はあるが残りは明日やろう……

今日は仮面ライダー平成ジェネレーションFINALとガルパン最終章、あとDeNAの映画の初日か 
まぁ仕事でなくても初日に映画とか行ったりしないが

12/10 おなか空いたらロボタック絵描き歌

今日も休日作業
むーりー

仕事しながらネットとか見てて大和の補償は尾仲になったと知る
あちこちの予想ではけっこうプロテクト側に入っていることが多かったのだが、来年勝負するために三嶋とか平田とか白崎を守ったんだろうなぁ
あのハマスタ3連続サヨナラをもたらした2イニング無失点初勝利の功労者なのだが、まだ粗削りで出身母体の強くない右腕。うん、プロテクト外した理由はつけられるか。
痛いは痛いが、いたしかたなし 向こうでも頑張ってほしい。
特に広島戦とかで

再放送のウルトラセブンは47話「あなたはだぁれ?」 
夜中に酔っぱらって帰ってきたら家族も近所の人も馴染みのお巡りさんも誰も自分のことを知らないと言い出すのはちょっとしたホラーなんだが、困ってウルトラ警備隊に電話しただけですべてが瓦解するフック星人の侵略計画……
と、昔は思っていたのだが、あの電話だけで怪電波と結び付けて夜中に2人も潜入捜査に出すウルトラ警備隊がすごいのか(しかもダンがいたおかげでギミックが1発でバレる)。 
ペロリンガ星人のときの反省が効いている。
TACではこうはいかん

12/11 偉人変人

Webキン肉マン
前回のスーパーフェニックス登場から、ギアマスターの収穫なし、残虐カレクックの猛攻、キン肉マンのワープといろいろあったインパクトを全部持ってくジャスティスマン
六鎗客逃げて

「氷室の天地」がアニメ化
とは言っても年末のFGO番組の一部としてということで、ちゃんとした深夜アニメとかではなかった模様
年末は実家なので見れないだろう。


過去の日記/ 過去日記インデックス 最新の日記
★突っ込みが入ると喜びます(場合によっては凹みます)★
戻る