日記2018の部屋

日記2018

(いやいえん)

の部屋

戻る

過去の日記/ 過去日記インデックス 最新の日記
5/16 電光アクション、マシンマン

仕事でトラブル対応に巻き込まれ、本来のタスクが滞る事態に。
しょうがないといえばしょうがないのだが、マンパワーにものを言わせて穴をふさぐのはインテリジェンスを感じないアクションでやっていて徒労感を感じる。

横浜 5-0 阪神
3番ロペス6番ピロヤスがハマって小刻みに加点。
こちらも打線はいまいちしっくりいっていないが阪神もたいがいで1割打者がスタメンに乱舞。前カードでやられまくった上本を負傷で欠くということでつながりを欠く阪神相手に、先発東が9回を投げ切って完封勝利と助けてくれた。
これで東は(菅野の登板が週末なので暫定だが)防御率リーグトップに浮上。これがドラフトで一本釣りできたいうのだからたいしたものである。

5/17 頭痛生理痛情緒不安定悲しくないのに涙が出ちゃう

白石一郎「火炎城」読了
大友宗麟の物語。
基本ステータスは優秀なんだが、ノリのいいときとダメなときの振幅が大きすぎてスペックを十全に発揮できない感じ。それでも生まれが大国なのと、運も良かったのでダメなときもなんとかなってしまい九州を席巻。
しかし、このムラの多さに周囲の人材はついてこれず、ついてこない周囲の人材に宗麟自身もあきらめてしまった感じだった
当人のココロのスキマはキリスト教で埋まった感じだが、家臣はそれでよかったのかと。
傍目で見るには面白い人の面白い生涯だったが、御家の安泰のためにもうちょっとなんとかやりようはあったんじゃないかと。
参考:(⇒●nostalgia

横浜 6-3 阪神
先発は平良
筒香の調子は相変わらずだが今日もロペスが大爆発。守備でも貢献して、チームを盛り立ててくれた。
大和はエラーもあったが致命的ではなく、満塁で前進守備からの華麗なダブルプレーと見事。
ロサリオルーレットは、なんだあれ。

「週刊少年チャンピオン25号」
「鬼々走々!」
読み切りは、神速便に続き走る太眉娘の話。趣味か。
読んで楽しい短編で満足感は高かったが、連載とかにつながるビジョンはまだ見えない感じ。
「魔入りました入間くん」
悪入間くんと悪魔らしい問題児クラスの悪魔たちの力だけでは課題はクリアしきれなかったが、オリジナル入間くんの陰徳のおかげで突破成功。やはりオリジナル入間くんあってこそか。
「聖闘士星矢」
デストール対オデュッセウス
楽しそうだな、お前ら
「逆襲インフェルノ」
新たなキャラが地獄へエントリーして仕切り直し風
こっから軌道に乗せられるか

5/18 謎に包まれた 災害日本

「ファイヤーガール(1)〜(4)」読了
女性消防士の物語。
前半が訓練で後半が現場研修。厳しさとプロらしさはよく描けていてなかなか格好いい話だったがこの4巻で完結。
長期連載になって「め組の大吾」か「レスキューファイヤー」かというくらいの災害頻発地帯に突入しても困るだろうが、ちょっと食い足りなかった。

横浜 3-6 巨人
梶谷を1番センターに投入した新打線で菅野を打ったのだが、味方が得点した直後にすぐ失点する石田がよくなかった。被弾癖はいつものことだがタイミングが最悪、
この典型的な負け展開の中、ビハインドで武藤チャレンジが爆死してゲームオーバー。
宮本のオモシロ守備とかも発生した。

「逆説の日本史(21)」読了
幕末編
だいたいこのへんになるといろんな解釈の小説が出ているので井沢先生の強引な論調もそう特異なものでもなくなっている感じ。
正しいが美しくない道を選んだ諸氏と、美しいが正しくない道を選んでしまった諸氏が混在する中、高杉晋作が無敵モードのまま勝ち逃げしていた。

5/19 グリーン・グリーン・グリーン(5/4エルフ)

リアルMTG
ドラフトは2-0、1-1。どちらも緑レア開始
やはりこの環境強いレアは安定して強い。
歴史的とか苗木のシナジーを追うよりもパワーカードを叩きつける方が正着な感じがしている。

飲んで帰宅。
酒量は入院前のレベルに戻った。

横浜 5-1 巨人
引き続き新打線が(セカンドを除いて)機能。筒香の2戦連発のホームランも出た。
濱口は足がつったとかで4回降板だったが、武藤が昨日のリベンジの好投
エスコバーも回またぎと苦労を掛けたが逃げ切った。

5/20 すごすぎ!? いけてるスーパー筒香

横浜 10-2 巨人
ウィーランドと入れ替わりでパットンが抹消
スーパー筒香の3本を含むホームラン6本の乱れ打ち。
5回6回のピンチをしのいだ後の梶谷のダメ押しタイムリーも効果的だった。
筒香も、チームも、打率急上昇で、上昇へのターニングポイントになりそうな3連戦。
次は中日、その次はヤクルトだがこのまま絶好調で交流戦へ行きたい。

5/21 センゴク風雲録

近衛龍春「長宗我部元親」読了
意味深な言葉があったので伏線かなと思ったらそうでもなかったり、オリジナル解釈で実は中央に踏みんでいたとかあるかと思ったらそうでもなく、フツーの四国ローカル武将一代記
仙石秀久もフツーのクソ仙石秀久で妙な安心感があった。

5/22 やまいだれ

横浜 0-8 中日
筒香大爆発で大勝した次のカードは本拠地に戻ってブルーライトイベントのナイターで相手は山井。こちらは飯塚。
イヤなフラグがビンビンに立ちまくっていたが案の定、打線沈黙。
広めのストライクゾーンを存分に使った山井に対し、飯塚-高城のバッテリーはコントロール、テンポとも悪く連続被弾で早々にゲームを終わらせてしまった。
ネットで経過見ているだけで体調が悪くなりそうな試合だったが、現地民は大丈夫だったのだろうか。

5/23 ウィングスとらいかー

野球は雨天中止
イベントとかもあったので今日は判断が早かった
明日は東がスライドか

金の彼女 銀の彼女(10)」読了 
最終巻。
この主人公なら、分裂ヒロイントゥインクル☆スターへの選択も、そのためのヒィッツカラルドアクションも想定内ではあったのだが、それでも熱くまとめてきたなー、とのんきしていたら最後でちょっと泡を食った。 
やられた気分。だが面白かった。

5/24 東方見聞録

「週刊少年チャンピオン26号」
「六道の悪女たち」
闇金ハンターさんはポリシーのある悪役かと思ったら、闇金女史に心を折られて鵜飼いの鵜になりさがっていたという。駄目じゃん。
「魔入りました入間くん」
悪入間くんがすごい椅子に座って、これはもう止まらないのではという予感を感じたら、清麿のアンサートーカーみたいなイキオイで寝て起きたら戻った
また悪入間くんのターンが来ることはあるのだろうか。
「ロロッロ」
全裸でガラスに頭から突っ込んで股間に破片がって、ギャグマンガじゃなきゃきんたまキュー案件だったなぁ
「吸血鬼すぐ死ぬ」
サブキャラの話が多くなってきたが基本に立ち戻ってドラロナのボンクラ合戦
よい
「マウンドの太陽」
だんだん面白くなってきた

上月司「誰がエルフのお嫁さま(1)」積んでいたのを読了。
この世界では希少な男エルフに対する押しかけ嫁候補による誘惑チャレンジ。
ヒロインが3人しかいないのにエルフ娘のお当番回がまだがない、モン娘要素がオーガ娘にしかない、そもそも主人公に生殖器がまだないといろいろ欠落していて変な感じだったが読後感は良い。

氷樹一世「異世界迷宮でハーレムを(1)」読了
コミカライズ
導入すっとばしたのに1巻で最初の奴隷買うところまで行かないのか。
ステータス補正によるパワープレイが通じない部分で世界のシビアさが大甘側に全振りなのはそーゆー世界だと理解しているのでさっさとハーレムに行ってほしいと思った。

横浜 3-2 中日
フィルダースチョイス、バント失敗、フライ戻れずゲッツー、大島止められないといろいろあったがロペ筒のホームランで逆転してそのまま逃げ切った。 さすが東だなんともないぜ

5/25 ハイパージェリル

次の交流戦の現地観戦の予定がほぼ確定で仕事で潰れ、週末のMTGもないのでということで急遽明後日の神宮球場行くことにしてチケットを購入
横浜スタジアムだとけっこう事前に買わないとだめなのだが、神宮はあるなぁ

横浜 14-5ヤクルト
序盤はブキャナンから得点するも石田がことごとく吐き出すストレスフルな展開だったが、ハイパー梶谷の活躍なども合って大勝
石田と荒波は蚊帳の外だったが他は総じて良かった

5/26 歩け歩け運動

休日仕事は無事終わったので、病院へ行って保険会社に出す診断書をもらってきた。
駅からそこそこ歩くのでけっこう疲れた。
入院時は救急車で移動したのだが退院、会計、診断書申込み、診断書受け取りと3往復半かー
ポケモンの卵が孵りそう。もうやってないけど。

横浜 1-5 ヤクルト
大量得点の翌日の試合とは言えとにかく打てなかった。 
チャンスをものにできずピンチをしのいでしのいで同点で終盤まで行ったのだが三上砂田のところで決壊。 
残念無念 

5/27 信じて送り出した(以下略⇒

「仮面ライダービルド」
バトルはいつものごとくだったのだが、カシラ、幻徳、万丈とキャラのかけあいの魅力は非常にすばらしい
エボルトの最終(?)フォームと引き換えに戦兎を取り返すが、戻ってきたのは戦兎じゃなくてエボルトに上書きされる前の葛城巧
佐藤太郎に戻らなかったのはまだマシなところなんだが、どうすんだこれ。
「ルパパト」
入れ替わりを元に戻らせるため味方の肉体を本気で攻撃するのはよくあるパターンなのだが、2人貫通するイキオイで本気の銃撃をくわわせのはさすがのルパンレンジャー。
「HUGっと!! プリキュア」
ルールーロボのサイズが微妙な大きさでアイアンマッスルじみたイメージが

横浜 3-5 ヤクルト
現地観戦
交流戦前に残念な連敗 
とはいえ打線はそこそこヒットを重ねており、敗因は明白で悲観するような敗戦ではなかった。
敗因は、信じて送り出した6番戸柱がラミレス監督の想定をはるかに下回って酷かったこと
5回裏の坂口申告敬遠からのバレンティン決勝タイムリーが目につくが、あそこはもうああなった時点で2点は覚悟する場面。
そこで対DeNA4割超で前日も走者一掃のタイムリーを打っている坂口か、三振の可能性もあるが満塁ホームランで4点の可能性もあるバレンティンのどちらを選ぶかの勝負の結果2失点なら想定内。
しかしその前、
1回2アウト1、2塁で戸柱凡退
4回西浦の見え見えの盗塁に戸柱全然間に合わない送球が悪送球になり3塁まで行かれて失点
5回2アウト1、3塁で戸柱凡退
このどれかで戸柱がちゃんとやるか、そもそも戸柱でなかったら2点くらっても同点どまりだった
平良はそこそこよかったのだが3ボールになるとやられていたのを見ても、戸柱がこの若い投手をコントロールできていなかったのは明らか
8回表も先頭で代打を出されるかと思ったらそのまま打席であっさり凡退、ピロヤスの代打倉本がヒットも1枚足りず8回裏に山田にホームランを献上と、今日はとことんまで戸柱デーだった
嶺井が帰ってくるまで高城に任せるしかなさそうである
ともかく次からは交流戦、鬼門の火曜も飯塚ではなくウィーランドだと思うのでなんとか切り替えて頑張ってほしい

5/28 感情奉行

ジェイコブ・ソール「帳簿の世界史」読了
会計は組織の健全な運営に深くかかわっているという主張から、歴史上のいろいろな政体を財政の観点から述べた本。
複式簿記は素晴らしい複式簿記は必要不可欠と高らかに謳ってはいるのだが、何でもかんでもその日のうちに記録しするという勤勉さが必須で読み方は歴代の各国君主が匙を投げるくらい煩雑、そして空間の広がりや貨幣価値の変動というファクターが加わってさらにわけがわからなくなって粉飾が横行と、沼の深さを激しく感じたりもした。
筆者は仮想通貨に帳簿との結合を展望していたりするが、さらに将来的にはマザーコンピュータが丸抱えで面倒みてくれるようにならないだろうか。

陳舜臣「イスタンブール」読了
スルタンのトルコのことはミナレットガンダムと牢忍ハブラムくらいしか知らないが、それもありかと思えるくらいなんでもありだったスルタントルコが鮮やかに
そして民族紛争と大英帝国がやってきた

5/29 なまはげ一本勝負

仕事で秋田。秋田駅はいつ降りても北の玄関口という駅舎の面構えをぶちぬいて屋根つきの連絡通路が正面からのびているという構造が不細工に感じる。
もうすこしなんとかならなかったのだろうかと思ったが2017年にデザイン賞を受賞しているとか。
なぜだと思ったが内装の賞だった。

横浜 9-2 楽天
ウィーランドにヒットは出ず、楽天の古川にタイムリーを打たれるが宮崎のタイムリーなどで勝ち越し。
緊迫した展開だったが8回に打線爆発で快勝だった。
交流戦はセ・リーグ独り勝ち。
ゲーム差的には嬉しいが、あんまりセの負けが込むと調子に乗った一部のパ群が対戦相手へのリスペクトのない態度を取ってくるので痛し痒し。

5/30 シオナイト

昼は焼き魚。
東京のとはちがうホッケらしいホッケで非常に満足。
味付けが異様に塩辛いのも東京とはちがう感じだった。

野球は雨天中止。

5/31 感動!! 君も泣け(44話)

秋田から帰京。
運よく午前中で仕事が終われば横浜スタジアム行けるかとチケットを持ってきたが、普通に無理だったので新幹線でスマホから経過を追っていた。
なかなか終盤が劇的だったようで、行きたかったなぁ。

横浜 4-3 楽天
試合前、倉本・乙坂・荒波が降格。代わりは山下・楠本・佐野。倉本はヘイトを集めがちな部分があるのでネットの反応は割り引いて見る必要があるのだが、打撃も守備もいまいちで信頼を失い、ついに1軍からも転がり落ちたかという印象。ここから巻き返してほしい。
試合の方は楽天の岸の前に宮崎のツーランのみと抑えられる。
東も2度の打球直撃を乗り越えて粘り強く投げていたのだがリードを許し降板。このまま岸に完投されるかという展開の中9回裏2アウトランナー無しからの、さすが日本の4番筒香同点ホームランで延長へ
さらに10回は山ア康が満塁のピンチを背負うも嶋をキャッチャーフライに仕留めその裏、楽天のクローザー松井の前に2アウトまで追い込まれるが代打桑原が2ベース、打席には守備から入った山下。過去、守備のミスから信頼を失い1軍から転がり落ちた男の復活のライトオーバータイムリーでサヨナラ勝ち。
苦労してきた男の劇的な一打に、それはもう本人もファンも泣くしか
よかったよかった。

「週刊少年チャンピオン27号]
「足芸少女こむらさん」
足フェチの傾向はないのでこのまんがが足フェチマンガだったのか股間見せつけマンガだったのかはよくわからないが、綺麗にまとまっていて小気味よかった。
「ロロッロ」
JK全裸のためならわからなくもない
「あつまれ!ふしぎ研究部」
椅子取りゲーム回かと思ったら、椅子に関係ない高浜さんがやりすぎだった
家でも使うんだろうなあ
「吸血鬼すぐ死ぬ」
Y談おじさんに勝てないドラパパが可愛い
「鮫島、最後の十五日」
猛虎さんの序・破・急
言葉は相変わらずアレだが虎城親方がいい師匠している

6/1 いざゆけ若左腕軍団

横浜 2-6 ソフトバンク
ソフトバンク3連戦は週刊ベースボールに特集されるもシーズン開始時から崩壊した左腕カルテットのうち3人、今永濱口石田が先発
もう、まだまだとか言ってられる時期じゃないんだが今永がまだまだだった
佐野恵太5番レフトは当たりだったのだが、さすがにやられすぎ。

6/2 徹っちゃん

横浜 4-5 ソフトバンク
先制し、濱口も好投したのだが、流石ソフトバンクなそつのない攻撃で追いつかれて逆転された。
負けて悲しんでいるところに、横浜大洋銀行福岡支店とか、エスコバーが通用するセのレベル(笑)とかいう発言が目に入って今年も交流戦が嫌いになる
試合自体は目先が変わって面白いんだが一部パファンの民度が広島並みなのはどうにか敬して遠ざけたい

仕事
土日対応の予定が、データセンターメンバー側の作業がうまくいかず土〜日朝の徹夜対応になってしまった。
稼働時間は変わらないが疲れるなぁ。

6/3 明けない夜の唄

徹夜明けで天ぷらかラーメンでも食べて帰ろうと思ったがどちらも空いていなかった。
待機中の雑談のネタになっていたのでWINSに寄って馬券も購入。距離は心配だが、順当にスワーヴリチャード軸でいいんじゃないかと(寝て起きて結果見たが駄目でした)。

横浜 5-7 ソフトバンク
石田が今日もまた味方の援護を即吐き出す背信ピッチ
追い上げたが負け。
一昨日、昨日と無理させなかったロペスも走塁で再び足を痛めると踏んだり蹴ったりだった。

6/4 カレーと王子様

「キン肉マン(63)」読了
次が四王子登場とはいえ試合の半分だけでタイトルを持っていくウルフマンと、冒頭の一話だけでお腹一杯な面白さなギヤマスターに挟まれてマリキータマンとカレクックのことを刹那で忘れそうだった
乙カレー

6/5 ランドギャラクシー

今日から出張
カバンが重い重い

横浜 1-8 西武
ウィーランドは初回満塁から犠牲フライの一点だけに抑えるなど踏ん張って試合を作っていたのだが三嶋国吉が炎上 
ここのところよかったのだが、西武打線はやはり振れているのか普段通用している球が綺麗に打ち返されている感じ
残念だが連敗は継続中

6/6 ギャル騎士安全李下

野球は雨天中止
どんどん先送りしていればロペス復帰が間に合うかもしれないが、交流戦の予備日は6月のペナント再開前にしかないのでダブルヘッダーになるおそれもあり
なんで梅雨にそんなのぶちあてるかなー。

「俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する(1)」
スマホのKindleで読む用に電子で再購入再読了
気持ちの良い読後感
みぃちゃん先輩は最後まで自己評価低かったが理系鷺沢文香みたいな外見と尖ったスペックで普通に考えればクローズマグマみたいなイキオイで負ける気がしねぇヒロインぷりだった
ただ主人公のコミュニケーション特攻タイプによる変人速攻は怖い、予想外なヒロインが予想外な角度から持っていきかねないおそれあり
この巻のギャル騎士(名無し)は危なかった

6/7 防共戦士

横浜 7-9 西武
ソトがいきなり復活して2ホーマー6打点と活躍したのだが、初回3失点とビハインド継投の長打ミス失点の連続が響いた。
こちらが隙をみせるとすかさずクリティカルを振る西武ダイスの強さがうらやましい。
あと梶谷腰痛で抹消も痛い。

「週刊少年チャンピオン 28号」
宿の近くのコンビニで買おうと思ったは、ファミマもセブンもローソンも雑誌の品揃えがひどすぎる。この街に文化はないのか
なんとか7件目くらいで発見。週刊ベースボールはなかった
「ジュニオール」
漫画としての技術は高そうだったがスポーツまんが序盤特有のフックのなさは気にかかる
いまのところ、指導者志望も、やりたいようにやるサッカーも響いてこなかった感じ
「あつまれ!ふしぎ研究部」
兄貴はエロエロ
妹にそういう理解をされつつ懐かれてもいるという大介のお兄ちゃん性能が高い
「BEASTARS」
熱いは熱いんだが、また先送りかって感はある
溜め込むとあとでたいへんだぞ17歳男子
「吸血鬼すぐ死ぬ」
女性ファンばっかだなロナ戦
盆先生のファン層もあんなだろうか
「逆襲インフェルノ」
新章に入ってからキャラの短期的目的と長期的目的がスムーズに頭に入ってきて、読みやすく、楽しくなってきた
しかし掲載位置は厄い
「チャンみつ」
面白い面白くない以前にマンネリがひどかったので投稿コーナー刷新はいいこと(廃止じゃないよね)
特撮ネタ絵をいっぱい載せてもらったのは感謝してる

6/8 新幹線大瀑布

出張から帰京
これが一週間後だったらドームで野球見て帰京なんだがと思いつつ、泉の広場に向かったがとらのあなにたどりつけなかったでござるの巻
なんかなんば寄りに移動してた、ぐーぐるマップさんのおかげで最終的にはなんとかなったがまったく梅田は魔境だわ

横浜 5-2 日本ハム
東の好投に宮崎ホームラン、代打中川バースデータイムリーと投打がかみ合って連敗脱出
エスコバーも古巣相手に3凡と良かった。
帰りの電車でスマホの電池が切れそうになって困ったが、何とか持った。
さすがに金曜の夕方の新幹線を金曜に取って窓側は確保できなかった。

5月のMTGOnline。いろいろリアルの機会は少なかったがドラフトはけっこうプレイ、勝ったり負けたりだが、そこそこ面白い環境だと思う。
5/1 DOM Draft ×××(白黒歴史的。氷河期3枚も流したのは両津の馬鹿か誰かか。さすがにやる気レス。で2戦3戦事故事故)
5/1 DOM Draft ×〇×(緑青タッチ白。トークン戦略もかみ合わず。トランプル困るなぁ)
5/3 DOM Draft 〇〇〇(白黒騎士。ウィスパー2体とタッチ緑のスライムフットが活躍)
5/4 DOM Draft 〇〇〇(白黒歴史的。ベルゼンロックのアドバンテージ能力で何度かひっくり返す)
5/4 DOM Draft ×××(青黒飛行。事故事故だった)
5/5 DOM Draft ×××(青黒タッチ緑未来視スペルまみれ。呪禁とかレジェンドとか微妙にスペルがかみ合わない相手ばかりでアドバンテージ取れず負け)
5/5 DOM Draft 〇×〇(白赤。白ともう一色に迷ったが結局赤。動きがもっさりしているので青緑にビートされたときはどうにもならなかった。バウンスにも弱い)
5/10 DOM Draft 〇〇×(白青タッチ緑歴史的。解呪を拾うタイミングがなく兜1枚にイワされて負け)
5/10 DOM Draft 〇〇×(黒緑タッチ赤。ラスト同系相手に除去足らず負けだった)
5/11 DOM Draft 〇××(赤青スペルタッチ白。解呪を拾うタイミングがなく対戦相手全員氷の干渉器持ってる)
5/11 DOM Draft 〇××(青緑歴史的。壁・防衛にしたクリーチャーが騎士・二段攻撃で攻撃してきた、なんでだ?)
5/13 DOM Draft 〇〇×(赤緑。青がらみには火力とバットリで勝てたが、緑黒には回復されてファッティの数で負け)
5/16 DOM Draft 〇〇〇(黒青タッチ白。特にたいしたシナジーはないが氷の干渉器と氷河時代2枚が強力)
5/23 DOM Draft 〇〇〇(白黒。除去、歴史的には欠けたがセラの翼2枚は効いた)
5/26 DOM Draft ×〇〇(ほぼ黒単タッチ赤。1パック目レア黒黒黒2パック目青青青3パック目緑緑緑Dとか困る。黒やってたらレアの黒土地2枚が1周しないとかくるし)
5/27 DOM Draft ×〇×(緑青タッチ白。セラの翼2枚のためのマナサポートは十分入れたのだがそれでも色事故)

6/9 美しき青空になる

あれ、TLに仮面ライダーカブトの話題が出たので、カブト=PL田中天説、自分から負けに行く加賀美の話のをしていた特撮ブログをもう一回読みたいと思ったらググっても見つからない 
確かに存在していたはずなのだが
……あった、これだこれだ > Clear Aether 晴朗なる宇宙空間日記  今週のスーパーヒーロータイム

横浜 4-3 日ハム
現地観戦
昨日から来ていた北海道の弟(日ハムファン)と試合前顔を会わせてから球場入り、交流戦特典のTシャツは今日先発の濱口
復帰後ここまで四戦勝ち負けなしと、まだいまひとつな左腕カルテット三男は今日もほどほどで五回三失点で降板
しかしビンチで西川太田泰連続三振など試合を壊すようなところは切り抜けられたのと、筒香の内野ゴロ(横尾エラー)に好走塁を見せた神里のおかげで同点で止められて三嶋のあとはエスコバーパットンヤスアキの勝ち継投につなげられたので悪くはない展開
試合を決めたのは神里で、一塁に桑原を置いてのタイムリーツーベース、今日四安打と見事だった
しかし暑かった
なんかスマホがダウンしかけていた
まだ6月なんだが………

6/10 雨に唄えば

横浜 6-3 日ハム
雨男今永の復活は雨の横浜スタジアム 
なんせすでにホーム2試合流しているのでなんとしても試合は消化したいということで強行の日は先制されるが追いついて筒香のホームランで逆転、追撃されるが神里のホームランで駄目押し 
5回裏までやってきっちり降雨コールド逃げ切った 
雨の中、けが人とかもでず、なにより

6/11 バ〜ニラ、バニラ、バ〜ニラ

会社の健康診断
バリウムを飲んで発泡剤で苦しい。おのれアボラス(違う
視力検査の機械が新しくなって回答が十字キーになっていたが判定のいいかげんさは変わらず。
絶対こんな視力の数字じゃないと思う。

6/12 遅滞鑑賞

昨日、神里山下楠本佐野の新応援歌(それぞれ金城山下大下園石井義)を聞いて寝たせいかドミンゴとポゾが夢に出てきた。応援歌も鳴っていた。
ポゾ、ポゾ、ポゾレッツゴー♪(陽気なカリビアン違う

「残念女幹部ブラックジェネラルさん(4)」
今回はヒーロー側のトップに立った巨悪に対しヒーロー連合、ヴィラン連合入り乱れて立ち向かうという大きめのイベントがあり、いろいろな陣営のキャラが入り乱れて楽しい大騒ぎだった。
巨悪の人は洗脳能力持ちなのだが、洗脳キャラとしては中っくらいの能力強度とコメディ作品のキャラらしい細部の詰めの甘さが特徴的
見てて微笑ましい
そしてブラックジェネラルさんの筋の通りっぷりが頼もしかった

横浜 0-1 ロッテ
大和が試合前の練習で打球を頭に当てて緊急搬送、レギュラーがどんどんいなくなる……
試合の方は石川の好投に完封リレーをくらう
ウィーランドはなんとか試合纏めたのだが、打線に要所であと一本が出ず 
しかし大和は大丈夫だろうか、続報ないので心配 

6/13 そして誰もいなくなった

今日明日と代休が取れたので千葉マリンへ参戦を決める
千葉は2014年の交流戦以来かな、その買った交流戦エコバッグはいまでもけっこう重宝している
昨日は負けたが大和は軽傷らしいということで、気を取り直して今日こそはというところで飛び込んでくるソト熱発で抹消との報 
打線が打線が……

横浜 1-6 ロッテ
バリオスはバリオスなりに投げたし、武藤も国吉もそんなに悪くはなかったのだが、審判の判定がことごとくロッテ寄りだったり、打ち取ったあたりがポテンヒットになったり、味方の守備ミスがきついところで出るとかいろいろ運に見放されていた
残念。
新応援歌打線で声を張り上げたのだが神里と山下しかちゃんとマスターできなかったのも残念。
明日も応援するぞー。

「終末のワルキューレ(1)」読了 
神々と偉人の最終戦争バトルまんが。
バトルの顛末、ストーリーの根幹、その他もろもろはまだまだだ始まったばかりでどちらに転ぶか評価保留だが、せりふ回しとか立ち振る舞いはケレン味があって面白かった
しかし13柱と13人とプレイヤーを先に全員発表するとか、はるか未来の話なのに神も人も妥当な名前しか出てこないというオーソドックスさは微妙に不満。ここからどうイレギュラーを入れて盛り上げていくのか。

6/14 バツ&テリー

昨日は千葉泊まり
宿でスマホを充電していたのだが、ケーブルの接触が甘くまるで充電できていなかったのでまんが喫茶に入って3時間ほど追加充電。
野球の時間までそのへんぶらついて観光でもと思ったが何もできなかった。
まぁ仕事で良く来るからいまさら千葉市で見るものとかもないか。

「週刊少年チャンピオン29号」
「吸血鬼すぐ死ぬ」
バカがいつものように調子に乗ってバカやって最後にドガシャーンな安定話だが、ヨモツザカ所長が乗ってくるのはめずらしいパターン
しかし犬好きは揺るがなかった
あと吸血鬼の能力で全員弱体化している状態でそれでも最弱だったドラルクさんも揺るがなく
「六道の悪女たち」
全裸祭り
描いたのか、課長のドングリアームズ
「BEASTARS」
突然何の話が始まったのかと思ったら、男と女の話だった
完成度高い
「あつまれ!ふしぎ研究部」
今月のバトルファック特集(ファックしない)
恥ずかし固めとかキルタイムまんが以外で初めて見た
「逆襲インフェルノ」
新主人公のムーブがわかりやすく好感が持てて良い
第二部に入ってからずいぶんまんがが読みやすくなっている

横浜 4-1 千葉ロッテ
現地観戦2日目
マリンの外野は初めてで勝手がわからず、16時くらいから列に並んだが通路側とか選ばなければ試合開始30分前入場くらいで十分席は確保できた模様。
今日は習志野高校のブラスバンド部が来るということでロッテは福浦がスタメン。対するDeNAは先日打球直撃の大和が今日から復帰でスタメンと言う試合、1アウト23塁のピンチで福浦を三振に打ち取るがノーアウト満塁で大和は内野フライで結局無得点。試合が均衡を保ったまま9回に福浦はピンチバンター三木を出され下がって福浦デーの心配はなくなる。このサヨナラのピンチはパットンが吼えて延長戦、11回表に桑原高城が足で稼いだチャンスに回ってきたのは大和
ここ今日は大和デーだとぶちあげる素晴らしいセンター前タイムリーで2点、さらに神里も打って3点差とついにリードしてくれた。
ここで無得点ならあきらめて帰るか、千葉でもう一泊して明日朝一で帰ってすぐ会社かと迷っていたところだったが、これであとはヤスアキに託して安心して帰れると10時40分、球場を後に。
バスの中でヤスアキが見事3者凡退に決めて勝ったことをスマホで確認。
さすがに外野席応援は疲れるわーと、帰ってグッスリト。
大和も良かったが、先発平良の力投の後をイニング跨ぎで頑張った三嶋三上パットンもよく凌いでくれた。

6/15 横浜の空で踊れ
横浜 3-7 オリックス
大和が帰ってきたのもつかの間、今度は筒香が欠場という横須賀ベイブルース打線
先発東のピッチングにすべてを託すが、初回4失点の後、立ち直ったかに思えた6回に自らの守備のミスでさらに自責点3。
終盤反撃を始め最後2アウト満塁まで持ち込むが山下斃れて試合終了。
うーん流れが悪い。

6/16 @@@(それはない)

リアルMTG
ドラフトは勝ったり負けたり。ノーマルレアだけにトリプルシンボル連中はよく出るなぁ
神話は前回が盛況すぎたのでこんなもんかと。
マルチはまぁいつもの感じ

横浜 1-0 オリックス
今の貧打線でこれしかないかという勝ち方

6/17 ヤイバーwith大輪剣

横浜 1-7 オリックス
試合前にウイーランドが抹消
宮崎だけの打線。昨日のように0で押さえなければ勝ちは見えなかったのだがまず3失点。それでも今永はよく投げたのだが7回に破綻した。 
筒香に無理をさせるような展開にならなかったのだけが収穫。
群馬の地震でNHKの野球中継が中断になってしまったがちょうど7回の今永平田炎上のところからだったのでそんなに困ることはなかった。

自炊用の裁断機の刃が駄目になって切れなくなったのと、バネがヘタれて刃が上がらなくなったのをだましだまし使ってきたのだがそろそろ我慢が出来なくなったので新しいのを買うことにした。
はて、前に買ったのはいつだったろうとAmazonの履歴を見るとこの2代目は1年半しかもたなかったことが判明
初代はもーちょっと長く使えた気がするのだが横着してホチキスをとらないまま雑誌を裁断したことが何度かあったのが失敗だった。
ところで初代がまだべランダに転がっているのだが刃のついた鉄のカタマリとかどうゴミに出したらいいのだろうか。

再放送の帰ってきたウルトラマンはキングストロン回
マンションのローンもあって共働きな母親、父親は仕事でずっと留守で鍵っ子の子供に「怪獣趣味とか理解できない」「危ないから外で遊ぶな」「お友達を呼んで家で遊びなさい(ただし汚すのはダメ)」ってムーブになるのはわかる。
そして、昭和40年代の子供がそれにストレスをためるののわかるがMATの雑な宇宙怪獣始末と合わさって大惨事に
ローンが、ローンが

6/18 清正復帰地震

朝、大阪で大きな地震があったとニュースが入ってくる。
阪神淡路や東日本ほどではないがけっこうな震度だった模様。
自分の関西出張のタイミングではなかったが、同じ課で数人関西行っている人がいるので心配は心配。

夜、ちょっと飲みたい気分だったので良く行くチェーン店の居酒屋に突っ込んでスマホで野球見ながら飲み
左右によく見るカウンター常連のオッサンがいて、宵の口からたいへんメートルが上がっていたが、自分もたいがいよく見るカウンター常連のオッサンな気がしてならない

横浜 4-2 西武
雨の横浜スタジアム、振替試合。
孤軍奮闘の4番宮崎が2ホーマーの大爆発、大和のファインプレーなどもあって西武に一矢報いる1勝。
交流戦、ペナントの成績を借金1まで持ち込んだ。
飯塚は今季初勝利。
今日はリリーフ陣も固かった。


過去の日記/ 過去日記インデックス 最新の日記
★突っ込みが入ると喜びます(場合によっては凹みます)★
戻る