日記2017の部屋

日記2017

(大鉄人)

の部屋

戻る

過去の日記/ 過去日記インデックス 最新の日記
10/1 A級ヘビーメタル

横浜 13-7 広島
ウィーランド対岡田の対決。数字的には有利で初回、いきなりロペス・筒香の連続ホームランで4点取った幸先のいい立ち上がりだったのだが、返しで2点取り返される。このタイミングでサクサク終わらずしっかり追撃してくるあたり、さすがカープは強い。
その後、大空中戦になるのだが、ウィーランドが5回4打点猛打賞1HR7失点と評価に困る成績を残し同点でマウンドを降りた後、筒香本日2本目の28号で再逆転
梶谷倉本ほかでダメ押して、ウィーランド10勝目到達。
巨人が謎な采配(田口をあっさりあきらめ、昨日、上本に頭部死球を与え4球で退場になった畠を連投させて上本に被弾)で敗れてCS進出決定といろいろ結果オーライな日ではあった。
ともあれ2年連続のCS進出は素直に喜んでおこう。

10/2 エンディングまで泣くんじゃない

CS進出決定までの道を振り返ると9/18、4移転転落の後の勝敗が
巨人 ×〇―×× 〇〇〇〇――× × +1
横浜 ――――〇 〇〇―△×〇× 〇 +3
対戦相手にもローテーションにも恵まれてて残り試合全部勝つんじゃないかと恐れていた巨人が吉川とか畠とかあって5つも負けてくれたおかげだよなぁ。
そして明日の予告先発発表
明日は綾部かー 濱口の10勝チャレンジは最終戦の模様。

塚本青史「凱歌の後」読了
楚漢戦争の後のいろいろを描いた短編集。
劉邦の天下取りの後は、功臣の粛清ばかりだったり、呂氏が大暴れだったり、匈奴には押されっぱなしだったり、各国に封じた血縁者はまとまらなったりと締まらないこと甚だしいのだが、まぁいろいろ初めての事例だししょうがなかったろうとあたたかく見守られていた。
最後に盧綰がぼんやりとしつつ終わりを全うできたのもよし。

YUYATA「竜の娘と女勇者とダンジョンが俺の日常に馴染んでる」読了
タイトルの通りのラノベ。
ノーストレスになるようよく作りこまれていて特に引っかかるところもなくするする読めた。
作中で謎に推されていたカップ焼きそばに似た食感。

10/3 クライマックス禅宗

横浜 3-1 中日
現地観戦
CS進出は決まったので主力投手は落とし、宮崎・梶谷はスタメンから外し先発は1軍初登板の綾部。
これが、5回無失点と好投し、さらに1回にこれまた1軍初打席のルーキー細川が思い切り振り切ったバックスクリーンへの3ランで先制と若駒が活躍。
飯塚が松井Mにソロを浴びたが2イニングを消化、あとは見事な復活登板の須田とかを挟んで最後はエスコバー初セーブで逃げ切り勝利だった。
しかし、何か初回以外盛り上がりに欠けたなーと思ったら、中日の先発笠原からは2回以降1本もヒットが打てなかった模様
うーん、勝ったからいいか。
筒香の調子がどうしてもスーパーモードにならないのと、山下がポカ多すぎるので三塁バックアップで舞い戻ってきた白崎が打席で本当にどうしょうもなかったのがCS〜来季へ向けての気になるところなので、ここだけはどうにかして欲しい。

竹本泉「ながるるるるるこ」読了 
少女がいろんな宇宙人のもとを渡り歩くSFなんだが、だいたい竹本泉。 
宇宙人の生態がそれぞれいろいろで独特なものの考え方をして大変そうなのだが、さすがの竹本ヒロイン。どこにいってものほほんと適応しているなー。

宮城谷昌光「湖底の城(6)」(文庫版)読了 
なんか、いろいろ大きなイベントがさらりと流されていった。 
このあと越王とのあれやこれやがあるのが、この調子で「でも大丈夫、伍子胥には、徳があるから」とヤクルトみたいなイキオイでうやむやにされそうで怖い気がする。

10/4 君は刻の涙を見る

横浜 2-1 中日
最終戦は濱口が7回1失点を投げ切り、打つほうは宮崎と細川のホームランで勝利。
10勝チャレンジがぎりぎりだったので、福地進藤尾仲を試すには至らなかったが、須田が連夜の好投で最後はエスコバーだった。 非常にいい締めくくりではあったのだが、中日杉山にはすまんことした。

「笑うあげは(2)」読了
「わたしのロッテンマイヤーさん
 どこかで泣いてますか?」
イケメンだーーーーーーっ! 真・イケメンだーーーーーーっ!

9月のMTG Online
そういえばリアルでイクサランはもう出てるのだが買いに行く暇はないなぁ(本を買ったり野球を見る暇はある)。
イクサランのドラフトは1回だけやったが絵を見てもカードがさっぱりわからないのが困りどころ。
9/1 AHH Draft ×××(青黒サイクリング。シャッフラーが最低最悪でゲームにならなかった)
9/1 AHH Draft 〇×〇(白緑タッチルクサビッグマナ。引きはいまいちだったが相手も悪かった。デッキとしては2流半)
9/14 AHH Draft ×××(青白王神。事故事故事故でゲームにならん)
9/15 AHH Draft 〇××(青緑王神。マトモに土地が来たのは1回だけ)
9/15 AHH Draft 〇〇〇(青白ライブラリ破壊。1試合だけアグレッシブサイドボードでゾンビデッキにしたが、あとは全部削り倒した)
9/22 AHH Draft 〇〇〇(青赤蝗の神。神の力で3勝。ゾンビデッキ相手は危なかったが相手の展開が途中で止まってくれた)
9/27 XLN*3 Draft 〇××(黒赤海賊。マナ詰まりとマナ溢れが交互にやってきてゲームにならず)
9/30 AHH Draft 〇〇〇(黒白ゾンビ。+3/+3飛行2枚とゾンビで削ち切った)

10/5 さらば提督

DeNAの第一次戦力外は発表されたが、追加で小林寛小杉柿田福地エリアンあたりはリリースされそう、ゴメスは本人次第、宮崎のバックアップがどんぐりなので飛雄馬は生き残るかとか考えていたら久保康が退団との報道が。
阪神からFAで移籍、人的補償で鶴岡が取られて正捕手戦争が再発するというドタバタはあったが、12勝8勝5勝とDeNAの苦しいローテーションを助けてくれた。今年は防御率5.35で4勝とそこそこだったが、先発6番手は若手で埋める方針のため出番が激減、年棒との兼ね合いもあって手放すのはわかるイメージ。
まだまだやれると思うので他球団でも頑張ってほしい(できればパで)。

「週刊少年チャンピオン45号」
「木曜日のフルット」
完投カラー
マリアさん、無茶しやがって…
「ロロッロ」
新連載1話目でいきなり変態ドローン露出
さすが桜井先生安定しているなぁ
「吸血鬼すぐ死ぬ」
オッサン(イン猿)と幼女の同居コメディ始まった
ヘルシングレーダーに引っかかるドラルクはやはり只者ではなかったのかもしれない
「GREAT OLD」
物語が動き出した
最後に出てきたのは何だろう
ドラゴンエンジン・レイモスだろうか
「あつまれ!ふしぎ研究部」
体育祭で校庭にラインもなく観客もいなくて生徒が地べたにそのまんま座っている光景が気になった
山奥の分校とかだっけか

安部龍太郎「レオン氏郷」読了
信長の元、純粋培養された青年武将の蒲生氏郷が、高潔な精神とグローバリズムで大躍進する話。
ローマに使節を送って新式の鉄砲を手に入れたり、複式簿記を導入したり、戦国転生チートみたいなことをナチュラルにやっているが、最後まで秀吉/家康/政宗あたりに代表される泥臭い連中の生き様は理解できなかったようで、軽やかに利休/高山右近サイドの彼岸へ旅立って行ってしまった。
……当人満足してるからいいんだろうが

10/6 Dead or Alive

小林寛小杉柿田が戦力外として発表。まぁ納得の人選だった。
柿田はもう少し見るかもと思ったがさすがに限界か。

MTG Online
ドラフトは2回目、紙はまだ買ってない
デッキは赤の海賊から入って赤白恐竜。
緑白の恐竜に激昂と格闘でイワされたがマーフォークと海賊には勝ち。レア装備品2枚は状況によっては反転することもあるがだいたいカットラス扱いだった
砲台はコスト重いけど効く相手には効く。

「ぼくたちは勉強ができない(3)」読了 
ぐいぐいラブコメ道を邁進している。 
最初印象悪かった先生も、リカバリーしてきて、皆まっとうないい子で良かったなぁ 
筒井センセのまっとうでないいい子もそれはそれでいいものなのだが。

「吸血鬼すぐ死ぬ(7)」読了 
買った店は特典はついてないところだった。
アラネアさんの性癖暴露が素敵。Y談おじさん無敵だなぁ

10/7 「お祭り一発勝負」

「腹ペコのマリー(2)」読了 
すごいイキオイで主人公とお姫様の二心一体まわりの設定とか、今何が問題で何をするのかとかの話の焦点が二転三転するという、週刊連載らしいダイナミズムにあふれていた。 
さすが「べるぜバブ」の田村隆平せんせーという感想。 
これはこれでいい。

休日客先作業は無事完了。

10/8 イクサ女神

リアルMTGは初ドラフト
シールドは 2-0、吸血鬼に装備品つけて殴るデッキ。吸血鬼シナジーはほとんどなかったが雑についている絆魂が強力だった
ドラフトは1-1、3色の海賊。種族が棲み分けられなかったのもあるが装備品のキャッチが遅すぎた。
しかしカラオケ館のいつもの部屋がゴージャス仕様とかになって室料値上げになったのはいただけない。
会員フォームにアンケートとかあったっけか。

10/9 ヒロインピンチ

「息子の嫁(4)」ざっくり読んだ 
チャンピオン本誌の単行本ページの誤植とかでなく、本当にここで(完)だったらいくらなんでもひどいと思うぞ。
レイニー止めかと思った

新しくできたラーメン屋で塩ラーメン食べてきた 
麺とスープはいいが、無駄に高級志向な具がなじまなかった  
もう少しオーソドックスなのが欲しいのだが

10/10 月は東に日は西に

仕事で出かけた先で目的地の東口西口を間違えた(2回目)
ボケてるなー

体調がいまいちでぐでーっと寝ていたら、雑なデスゲームもののマンガみたいな理不尽でイヤな夢見をした。
疲れが取れない。

10/11 オレってピューリタン

今週末はリアルMTGないので、甲子園のCSでも行けないかなと思ったが、チケットは瞬殺で、土と月に外せない仕事が入ってきて、天気予報はずっと雨だった。
最初からむーりー
ちなみにCSファーストステージは雨天振替の日程が1日しかなく、2日以上雨天中止になった場合は試合自体が消滅(1戦消滅したら1-1でも阪神の勝ち上がり、3戦消滅したら阪神の自動勝ち上がり)となるということらしい。
頑張れ阪神園芸

「世界の歴史(11)新大陸と太平洋」読了
新興国のアメリカがのたうち回りつつもいろいろなアドバンテージで強国になるあたりの話
欧州関係、独立戦争、南北戦争は指導層がちゃんと考えてアドバンテージ取ってやり切っているのに比べ、相手の弱体な対インディアン、対メキシコ、対ゴールドラッシュあたりの民衆のイキオイに任せたイケイケドンドン感がすごい
さすが民主主義のエース国家である。
日本清朝相手もこんなんだったろうな。

10/12 そうとう悪鬼ムラマサ

「週刊少年チャンピオン46号」
「鮫島、最後の十五日」
天雷が降りてしまった
そして最悪の予兆が……これであと4日も残ってるんだよなぁ
「GREAT OLD」
やっぱりオールドラゴンだったか
「吸血鬼すぐ死ぬ」
読者(カフェ)投稿の吸血鬼祭り。
新横浜の吸血鬼が特別にアレなのかと思ったが川崎にもおポンチな吸血鬼はいる(=きっと全国にいる)とわかってちょっとホッとした。
「おタエさんは今日もたべたい」
平穏無事に淫するタイプの主人公のところに押しの強い女性がグイグイくるのはよい
ストーリーも進むし、おタエさんの面白い面も見られる
思春鬼のふたりの白雪さんとかも良かったよなぁ
「東京野球女子」
いちいちフォームが本格的なのがいいなぁ

rin「エロマンガ先生(6)」読了 
だいたいムラマサ先生のターンだった。  
抜かりなくツイスターゲームも入ってて完璧。  
エロマンガ先生G? いたなぁ、そんなのも

10/13 阿井は流れる

巨人、村田が自由契約に
DeNAファンとしては、戻ってきてほしい気持ちはあるが、年棒大幅減、基本バックアップ・代打要員、背番号変更、素行矯正、派閥禁止、というあたりは譲れないところなので、村田側の希望には添えないだろうなぁ。
ロッテとかヤクルトは興味示すだろうか。

10/14 宇宙からのメッセンジャー銀河大戦

横浜 0-2 阪神
CS第一戦は、中3日のメッセンジャーが打てず。
こういう試合で躍動するのが梶谷なんだが得点につながらなかった。

10/15 Bog Down(2)(黒)

横浜 13-6 阪神
終わってみれば大勝だったが、負けか引き分けで終わり、(予備日が1日しかないので)ノーゲームも相当痛いという正念場で、グチャグチャのグラウンドコンディションを1時間遅れで開催にこぎつけてくれて、序盤の同点・ビハインドの展開を中断なしで乗り切ってくれた阪神園芸には感謝しかない試合。
ドロドロのグラウンドでわけのわからないゴロヒットがお互い出まくったのはご愛敬
ちゃんとしたヒットもけっこう出ていた。
投手マネジメント難しい試合だったが、桑原マテオに球数投げさせたのは明日につながると思う。

10/16 恐怖のエグソダス

いろいろ積んでいる録画はあるが「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム 」を視聴。
フォーゼ、メテオ、なでしこ、ウィザードそしてポワトリンとイナズマンとアクマイザー3の映画。
フォーゼの話は本編5年後の主人公が教師として天高に帰ってきての話で、今度の冬映画がちょうどこの5年後なので何か繋がりとかがあれば嬉しいと思う。
映画は全員とダチになったGood Boyの高校時代から一歩進みGood Teacherなヒーローになるフォーゼの話と、同じ一日の繰り返しから目覚めさせ前へ進む決意をさせる希望の魔法使いのウィザードの話をきっちりまとめて、最後はW、アクセル、オーズ、バースも加えてお祭り騒ぎ。一部、もうちょっとという部分もなくはなかったが総じていい映画だったというのは、映画館で見たときと同じ感想だった。
ライダー映画のデキはけっこう振れ幅が大きいのだが、これはNice Movie。

「ウルトラマンジード」
来週はゴドラ星人が出るらしい
ゴドラ星人といえばセブンマニアだけにセブンの息子のゼロと会ってどう反応するかが楽しみです(それは風上版の「ウルトラ怪獣擬人化計画」だけです)

安部龍太郎「冬を待つ城」読了
奥羽仕置きにおける九戸政実の戦いを弟の政則の視点から描いた物語。
蝦夷の潜在力を大前提に、中央の収奪への抵抗を描く話というと高橋克彦のシリーズとか思い出すところではあるが、政則視点ということであっちよりは政実の独りよがりなところとか視野の狭さが表に出ていなかった。
それはそれでいいことなのではあるが、南部信直とか蒲生氏郷とか中央と内通していた某氏とかもあっさり九戸政実シンパになってしまっていて、中央政権(主に石田三成)&津軽為信がいいとこなしのやられっぱなしに。
そこまでせんでもええじゃろうにと、ええじゃないかを踊りたくなった。
もう少しニュートラルな物語が描ける作者だと思っていたのだが。

「スピーシーズドメイン(7)」読了
体育祭。
ここ数巻で思いを深くしたのだが、この学校の連中。異種族だとか超科学だとかいう以前のレベルでイベント遂行力のパラメータ高すぎる
光画部の濃い方の面子が学校中にうようよいる感じで、なんというか別の意味で舞台設定が異次元じみてきた。
あさの、きしだ、しいちゃん、間垣、ベンジャミンみたいな防波堤枠もいてほしいなぁ。

10/17 ノーミソース

横浜 6-1 阪神
先発はスライドのウィーランド。
初回、3点取ってなおも満塁と能見をKO。ここで追加点はなかったが、ビハインド展開で好投の石崎に代打を出さざるを得なかった阪神の3番手岩崎からさらに3点取って大量ビハインドになりウィーランドが優位に投げられてスイスイと。さらに柴田が再三の好守で盛り上げる展開。
後手後手になった阪神に、大きなチャンスを与えず。(1、2戦で失点していた三上を使わず)パットン、山崎康で綺麗に逃げ切り。
これで2年連続のCSファイナルステージ進出決定
広島へ去年のリベンジをする機会が訪れた。
移動日なしの連戦だが明日も勝つぞ、ベイスターズ。


過去の日記/ 過去日記インデックス 最新の日記
★突っ込みが入ると喜びます(場合によっては凹みます)★
戻る