日記2018の部屋

日記2018

(いやいえん)

の部屋

戻る

過去の日記/ 過去日記インデックス 最新の日記
1/16 ミライアガリ

週刊ベースボールはまたドラフト特集。 
若者の将来性は基本未知数なので総花的に褒めまくるしかなく、結果いつも特に興味深いところもない読後感なんだが、頻繁にやるんだよなぁ。 
なぜなんだろうか。

1/17 三分割幽霊奇譚

「仮面ライダービルド」溜まっていた録画を一気に視聴 
まだ18話だというのにクライマックスみたいなイキオイでストーリーを回しいる。
展開が早くていっぺんに見るとブラッドスタークさんが一人で全部やりすぎてる感が巨大
このまま最後まで変なニャルラトホテプで終るオッサンじゃないんだろうけど、ちょっとビルドとかクローズとかグリスの頑張りもスタークのてのひらでもてあそばれているイメージに喰われているのでなんとかして欲しいところ。
調子に乗ってる幻徳おじさん(ナイトローグ)は……たぶん春くらいにギャグキャラ堕ちしてそうだからいいか。
あと、北都と西都でボトルが40本あって、ビルドの変身バリエーションがすごいことになりそうだけど、今のところホークガトリングとロケットパンダの移動能力以外存在意義がわからないのが難点。
もうマトモなバトルは全部ラビットタンクスパークリングでいいんじゃないか?

1/18 霧の法善寺横丁

朝からすごい霧で怪獣サドラが出てきそうだった。
「帰ってきたウルトラマン」(TVKで今週末第3話放送)では霧吹山から出てこないが、「ウルトラマンメビウス」では街にもやってくるので危険度は高い。
ときどきボガールに食われたりもするが。

「仮面ライダービルド」の続き
まとめて見た中で、桐生戦兎が悪魔の科学者の葛城巧ではないかという疑惑が出てきていたが、それだと、ことあるごとに髪の一部がハネ上がる描写の説明がつかないので、やっぱり芸人の佐藤太郎でいいんじゃないかと。
いずれにせよブラッドスタークが全部知ってる筈なので、うっかり記憶消去の技術を適用されたりする前になんとかあらいざらい吐かせたいものだと思った。
正月映画でウィザードとの繋がりを作れなかったのが残念である。

「週刊少年チャンピオン9号」
「六道の悪女たち」
長いエピソードが終わった後の短編シリーズ。
今回は飯沼くんのSNS話。ほっとするなー。
「魔入りました入間くん」
悪魔の力で女体化とかいう「Back Street Girls」展開ではなく普通に女装だった。
短いエピソードでいい感じでまとまった感じ。
この作品の悪魔の人たちっておおむね善人だよなぁ。
「あつまれ!ふしぎ研究部」
こたつの電源オフでも当人熱々そうな
「おタエさんは今日もたべたい」
結局、前作の地下お花畑ヒロインズにも似た変なヒロイン集団と共存するコメディ話に落ち着いた
これは一話のミミック使いのやりたいことだったんだろうか
「吸血鬼すぐ死ぬ」
あーあーあー、キャラが増えるとやりたくなるネタだ
かなり後半きっつくなっていたが、そこそこ面白い
が、この作品のスペックからしてそこそこ程度だとちょっと物足りないんだよなぁ

1/19 辻浦さんとチュパカブラ

MTGイクサランの相克入りドラフトをやってみる
自分で使っても敵に回してもチュパカブラは強い。問答無用かつ再利用が容易というのは便利だ。黒黒がちとネックではあるがこれはデッキを3色にした自分が悪かった
しかし環境のベストマッチはまだ不明。

東スポの岩瀬報道
事実は不明だが、FAのシステム上、正式に否定も肯定もできないところにこれまでの流れとか両チームの事情からあるかもしれないというストーリーをブッ込んでくるのはうまいなー。
伝奇小説のやり口みたいだった
今は眉に唾をつけて賞味しつつ、20年後くらいに真実があきらかになるのを楽しみにしたい。
20年じゃ無理かも。

ひさびさにカリ城見たが面白かった。

1/20 倉庫句会

リアルMTG
シールドはガレオン船とか恐竜変化とかそこそこシールド向きのレアが出たが0-2。
ドラフトは白黒独占で吸血鬼になったが1-1。
ちゃんと回れば勝てたはずとか、あれ引けてればとかそーゆー愚痴り方をするのは対戦相手が目の前にいないオンラインの時にすべきであるのだが、勝者を讃えられない人間力の低さが振り返ってみて駄目だったところ。
どうも自分の嫌いな自分が出がちなのだが、引きこもりは避けたい

1/21 ハザードフォームだ仮面の天使

「仮面ライダービルド」
北の三馬鹿がとりかえしのつなないパワーアップ、味方の万丈も強化アイテムの副作用で苦しんでいるところに、来週は戦兎も危険なアイテムでパワーアップ予定。
一海も含め全員善人なので非常に見ててきつい。
これでまだストーリー半分も消化してないというのだから……

1/22 Expressようやく

ひさびさに仕事で東北へ行くので、何年かぶりにえきねっとにログインしてみたのだがUIが1ミリも改良されていなくて驚いた。
JR各社のシステムを統合しろとまでは言わないが、ログイン画面とか号車選択とか通知メールとかなんとかしようという気はなかったのだろうか。
その東北は今日も雪だろうが東京も雪なので、仕事は早上がりにして帰宅。
時間ができたのでいろいろできることはあったはずなのだが夕食食べたらすぐ寝てしまった。
いつか牛になる日まで。

1/23 新観戦大爆破

「野球観戦娘! '17 」読了
1巻で終わりかと思ったら17年度版が出た。
日本リシリーズは負けたがCSは突破したので、表紙は取れなかったが裏はデジハム娘。
17年もいろいろあったよなぁと、ほのぼの読める。

「ヤンキーショタとオタクおねえさん(3)」読了
いろいろイベントは発生したがかづ子サン周りの人間は、基本気が利く人でよい。
そんななか少年が特異で映える映える。 

1/24 まぼろしの猩々

東北で仕事
向こうは見事なブリザードだった
しかし部屋は断熱が効いているのであたたかい
このへんは東京と違うところ

1/25 仁義なき戦い

広島東洋カープ公式サイト - ビジターパフォーマンス 分割のお知らせ
いわゆるマツダスタジアムのビジターパフォーマンスシート改悪問題
スタジアムがカードによってビジター席を増減させるのは、昔の牧歌的な観客数からすると隔世の感がある稼働率になった今ではどこの球場でもやっていることなのだけど、ビジター席をビジターパフォーマンスシートという形で隔離(通路は1つきり、最低限の物販は中で完結)してしまったマツダスタジアムは構造的にそれが難しく、さらにビジターパフォーマンスのチケットを買って自由席やコンコースで観戦するやりかたを是としてしまう、広島ファンの民度とかもあって、他球団ファンのヘイトを煽りまくっているところにこれかと。
歴史的に、全体としては少数派だが広島球場だけでは広島ファンが圧倒的多数派だったという地域性とかもあって、広島球団と広島ファンと広島系やきう漫画がさっぱり他チームファンが自分らをどう見ているのかという感度がないのも困ったところ。
全体最適な方向での解決は、まぁ無理だろうなぁ。

1/26 戦いの熱気

「異世界テニス無双」は面白く読んでいたのだが、テニプリ筋からの抗議に屈して続刊はなくなったとか。
異能バトルの域に達したスポーツ漫画の主人公がファンタジー世界に行って、その常識はずれの能力で異世界人にドン引きされるというコンセプトで、きっちり異世界ファンタジーにも華を持たせたラストバトルに感心出来たいいラノベだった(あとスポーツ描写が細部細部で非常に現実的だったらしい、自分はテニスわからないので検証できないが)。
しかし、事前事後の宣伝も含め、これだけあからさまに異世界テニプリをやっておいて、この体たらく。
足りなかったのはヘイトを受ける想定なのか、ヘイトを受ける覚悟なのか、それともヘイトを軽減するような戦略だったのか
編集者、ちゃんと仕事しよう。

「週刊少年チャンピオン9号」
「週刊少年ハチ」
ミケさんいろいろヒロイン力が高い、男だが。
主人公のマンガ家を目指すモチベーションが、褒められるための手段ぽく見えて、他のマンガ家マンガによく出てくる人生全部マンガにつぎ込んでいるようなテンションの振り切れた超人に比べ矮小に見えるは気になるところだが、そのへんは増田先生を信用して見ようと思う。
「吸血鬼すぐ死ぬ」
「大人気クソ映画」で始まって「大人気クソ動画」で終わった
「魔入りました!入間くん」
女装ネタ引っ張るのか

1/27 ぼく桃太郎の南大門

仕事で行っていた岡山から帰京
岡山と言えば、岡山県立桃太郎高校(大食い甲子園)
あれの他に現代劇で岡山を舞台にした漫画とかあるのだろうか

「緋弾のアリアAA(13)」読了 
作品世界世界から男が完全に消えて久しいが、ついに女同士で子供もできた模様。あと高千穂麗先生のめずらしい凹みから、ひさびさのどSというムーブが素晴らしかった。

「オーバーロードU」第三話視聴 
蜥蜴人とナザリックの尖兵の戦いは、蜥蜴人にとっては一大バトルだった筈なのだがさくっと終了
ナザリック側サイドとしてはこれは前哨戦にすぎないし、このあと王都襲撃までやるのが第二部のノルマとはいえ、襲いくる脅威に対し死力を尽くしなんとか勝利、しかし…という部分を存分に描けたとは言い難い。
そういえば第一部もナザリックの格とか対峙する側の圧倒されっぷりとかの描写はいまいちで、アルベドとかナーベとかの奇行とアインズ様の苦虫の噛みつぶしっぷりに面白があったのだが、この第二部はそのへんを蜥蜴人側が一手に握ってしまっているのが脅威度を削っていたのかも。
がんばれアルベド様。

1/28 大三世盆地

「仮面ライダービルド」視聴
調子に乗っていたところにパパが来てげんとくん(ナイトローグ)逆ギレ
非常にほっこりする展開だったが、戦兎と龍我、一海と三羽烏がそれぞれお互いのためにどんどんやばい方向のパワーアップに走って行った結果、来週ついにひどいことになりそうで、そろそろブラッドスタークの黒幕っぷりへの不快感が阻止限界点を越えそうだった。
もう、実はこれこれこういう事情があったのででは許されない気がするが、ゴーストの仙人みたいな逃げ切りをされそうな気もする。

「宇宙戦隊キュウレンジャー」
ラスボスになったツルギ・アルマゲに対するラッキーの作戦が、力づく特攻にしか見えず、バタバタ倒れてく仲間たちに呆れたものか感動したものか困惑していたら、アルマゲにキュータマごと吸収させることで先に吸収されたツルギとショウ司令ともどもまとめて復活させる計画だったとか。
いや、普通にその場で殺されるとか捕まえて公開処刑されるとか考えなかったんでしょうか……
なんでもかんでも結果オーライでうまくいくあたり、最後までラッキーはラッキーだったなぁ
次回、素のアルマゲと最終決戦で最終回
バラノイアしかりザンギャックしかり、大規模組織の敗北をちゃんと描くのは難しい。
大星団ゴズマは、当時のにしてはよく描写できていた。

「帰ってきたウルトラマン」の再放送を視聴
キングザウルス三世だ!
なんで三世なんだ、なんで正統派な四足歩行怪獣のくせにバリアなんか貼るんだ、と、いろいろ考えたくなるネタの多い怪獣なんだが本題は郷さんのストイックさと特訓ぶりのためさらりと流されてしまっていて、ただ単に格好いいだけのキングザウルス三世。
いまいち再登場の機会にめぐまれないのが残念。

1/29 南武線北馬

出張でまた東北に
東奔西走はしょうがないのだが、昔みたいな出張の手当てとか宿泊費で儲かるとかがなくなっていて、基本実費なので飲み食いのぶんだけ赤が出るというのはつらいところ。

1/30 ネイル子は育つ

TVの「賭ケグルイ」
本編とかスピンアウトでは最近すっかり豆さん大好き娘になっていたが、そういえば皇さんは、怪奇生爪女だった。

1/31 月は出ているか

今日は、皆既月食でスーパーブルーブラドムーンだとか。
ガオハンタージャスティスのてんこ盛りバリエーションか何かだろうか。

TVで大相撲に双子の関取が誕生したとかいうニュースを見る。
しこ名は貴カストルと貴ボルックスだろうかと思ってしまったのはリアルシャダイ系列。
あと炎鵬とかいう小兵力士の十両昇進も報道されていてリアル「火の丸相撲」かと思ったりも。

2/1 北帰行さつぎん事件

東北出張から帰京
初日はすごい雪だったが、残りはそこそこ天気は良い。しかし寒かった。
帰りに東京方面も雪と聞いて先週のようなことになるかと心配したが、東京の雪もたいしたことがなかったようでなにより。
今回は、夜、仕事終わった後で飲むような時間はなかったが行き帰りの新幹線で缶ビール飲んでいたので週のアルコール係数はわりと高めだった。

今は昔の話なのだが、「異世界居酒屋」を初読のときは、タイショーが出てくるたびに、頭の中にレオのタイショーがインパクトのある顔面を差し込んできて困っていた

「週刊少年チャンピオン10号」
「吸血鬼すぐ死ぬ」
デスゲーム吸血鬼の悲劇
人選が間違いまくっていたせいとはいえさすがに可哀想だった
「あつまれ!ふしぎ研究部」
この眼鏡さんは天然で破壊的なことをやろうとするのでやっかいだ
サービスシーンは提供してくれるものの、まったくデレないし
「浦安鉄筋家族」
いつもの全選手入場
柳天丼からのオチの爆発力がすごいがこれ、あと何十年で終るんだろうか
「Gメン」
格好良くけりをつけたがポリス沙汰になったらそりゃあ両方捕まるよなぁ

2/2 大回転大魔弾

「ヴィジランテ 僕のヒーローアカデミアILLEGALS(3)」読了 
ヒーローアカデミアのスピンアウトももう3巻。
場面場面のハッタリとか、バトルのスケールは本編には劣るが、もとよりそーゆーところは求めていない漫画で、プロのプロらしいところとか、特殊能力持ちの人間が溢れかえった社会の描写とかがポイント。 
相互に補完して作品世界を作っている感は面白い。

COMIC 夢幻転生 3月号 立花オミナ「湯煙ハーレム物語〈最終話〉」読了 
さすがにハーレムも相手が6人となると縦に積むとか横に並べるとかでは収まらず、温泉で主人公を回転式作業台みたいにとりかこんでいるビジュアルが、華やかだが、なんか愉快。 

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 」は序盤で主人公の性質が受け入れられず読むのを断念したのだが、最新刊のあたりは人間関係がほどよく広がっていてすごく快なまんがになっていると聞いた。
読み直すなら何巻から読めばいいのだろうか。

2/3 恐竜大戦争

「アイドルマスター シンデレラガールズ U149(2)」読了 
階段で、やっと目が合いました〜と言われていた絵面が、見上げる姿勢になってしまっているチビPの発展途上っぷりがアイドルとプロデューサーが等身大で成長していく物語として良い感じ。 
成長していったその先にいるアイドルとして今回は一ノ瀬志希登場。
変人だが、貫目のある先輩アイドルと言った感じで素敵な大人していた。

リアルMTG
ドラフトは赤緑の恐竜で1-1、白緑の恐竜で2-0。
激昂恐竜は数を集めるのがたいへんなのだが鬱蒼たるアルマサウルスは安くて安定している。

飲んで帰宅。
1月のMTG Onlineはこんなもんで相克入りドラフトの実績はたいしたものでもなかったが、酔ったイキオイで雑な話をした気がする。
1/3 XLN Draft 〇××(赤緑恐竜。探索デッキのなりそこない。2勝したのが僥倖かもしれないが、最後2戦青赤海賊の1枚たりとも無駄カードない噛み合いっぷりに完敗)
1/5 XLN Draft ××〇(赤白恐竜。土地に嫌われて勝負の形にならず。最後は相手も事故)
1/6 XLN Draft ×〇×(白赤ビートダウン。引きが全くかみ合わず。やっぱりこの環境はアカン)
1/6 HHA Draft ×〇〇(青白のトークンデッキ。1戦目は事故の流れが続いたが、23はアドバンテージ勝ち)
1/6 HHA Draft ×〇〇(白黒タッチ青。スカラベの神再誕。今度はラスはなかったがリリアナが。初戦は相手の引きが良く負けたが、相手に鏡出されてスカラベ出せない場を粘り切って2勝)
1/7 XLN Draft 〇〇〇(黒赤ビートダウン。海賊と吸血鬼のちゃんぽん。3色の海賊に2回当たったがアドバンテージ稼がれる前にぎりぎり削り切って勝ち)
1/8   XLN Draft 〇×〇(青緑マーフォーク+旗。吸血鬼かマーフォークかフラフラ、そんな中、赤の高得点カードが大量に流れていっていた。海賊、3色恐竜、3色恐竜という当たりでガレオンは毎回サイドアウト)
1/12 HHA Draft ×〇×(緑青タッチ白王神。マリガン率9割、事故率5割と言う地獄。よく1勝できたもんだ)
1/12  XLN Draft ××〇(緑白タッチ赤恐竜。ファートリは最後だけ引いた)
1/17 XRR Draft 〇〇×(黒白吸血鬼にタッチ緑。タッチに無理があったので最後の事故はもうしょうがない。敵味方ともあまり相克のカードは活躍せず)
1/18 XRR Draft 〇〇×(赤緑恐竜にタッチ白。胆力の道は反転する気配すらなかったが恐竜で押しつぶす、しかしマリガン率高く最後は事故事故)
1/19 XRR Draft ×〇〇(黒白吸血鬼。2マナの吸血鬼が出なかった。都市の承認でなんとかかんとか2勝)
1/20 XRR Draft 〇〇×(赤白恐竜。どうにも事故率が高すぎる。四苦八苦して2勝も最後は事故のあとマリガン死。当たる相手ぜんぶアグロと言うのもひどい)
1/27 XRR Draft 〇〇×(青黒海賊。青黒4マナのカカサギ海賊、飛んでないのかよ。それなた青→緑に変えて到達到達到達入れるんだった。読み違いでタフネス3吸血鬼軍団が全く処理できず負け)

2/4 全部雪のせいだ! ハハハハハハッ!

「宇宙戦隊キュウレンジャー」視聴。
最終回。
宇宙のすべてを取り込みキュウレンジャーを倒そうとするドン・アルマゲなんだが、絵面はいつもの採石場での12対1になってしまっているのは困ったもんである。
それでもアルマゲさん、完全体で12人を圧倒⇒巨大化してキュータマジンに優勢⇒素体でラッキーを大気圏外打ち上げし体を乗っ取ろうと画策、と頑張ったのだがラッキーが折れない折れない
1年の戦いを経て、超ラッキー体質と鋼のメンタルと他人へのポジティブ伝達能力に磨きがかかりすぎた主人公が無敵すぎて、そりゃあ幕府も倒れるよなぁという状態になってしまった。
序盤のうちに物量で押しつぶせばなんとでもなったと思うのだが、トップが出自のせいからネガティブ攻撃が好きすぎた&カロー級の統制がとれていなかった(統制するような組織でもなかった)のも敗因。しかし、なんだかんだ言って300年以上と歴史上の倒壊政権と比べかなり上位の存続年数、宇宙の99%という史上最不倒版図の両方を記録したのだから、アルマゲさん個人はけっこう大した英傑だったのではないだろうか。

「仮面ライダービルド」
敵味方とも誰かのために危険な力を使わざるを得なくなっている展開はついに、戦兎が三羽烏の青を殺してしまうという破綻に至る。
これで予告に出てきたローズコプターのベストマッチとかどうやったら実現できるんだろうかと思っていたら、すべての元凶のブラッドスタークさんがしれっとボトルを貸してくれたという……これだけボトルを持っていて暴走確定のハザードトリガーを先に渡すというやりくちの悪辣さがひどいことひどいこと。
戦極凌馬でもここまではやらんかったぞ。

休日出勤で仕事を進めようとしたら上司のハンコをもらわないと先に進めなくなって詰んだ

TVKの再放送「帰ってきたウルトラマン」を視聴
グドン&ツインテールの前編。
このエピソードではとにかく岸田隊員と岸田長官が雑で理不尽で視野の狭い迷惑な権威者に描かれていて、雰囲気を陰鬱にしているところに、単体でウルトラマンをカラータイマー点滅まで押し込む隠れた強豪ツインテールに加え、ツインテールを食べるのは後回しにしてとりあえずウルトラマンを倒そうとするグドンが登場し夕陽の中でウルトラマン敗北
さらに後編では「MATは解散だ」発言も飛び出して帰ってきたウルトラマンの全体のノリを決定づけてしまった。
傑作ではあるんだが…今日は朝から晩まできっつい話が続くなぁ、助けてキュアエール。

2/5 天下ドロボウ

山岡荘八「織田信長」読了
そういえば横山光輝で読んだがこっちでは読んでなかったので初読了。
天才で革命児でいろいろ一人でやりきっているのだけど、人情の機微はわからず、しばしば濃姫にたしなめられているタイプの信長像。
上から下まで気心の知れた戦国大名レベルで皆で難局に当たろうと一致団結していたころはうまく回っていたが、天下人が見えてきて統制とか考えだすといろいろ足りなくて、最終巻ではひたすら明智光秀との感情の擦れ違いが発生しまくって本能寺の変に至っていた。
明智光秀サイドから見て自分がどうだたっとか微塵も理解していないので、横山光輝版でもあった最後のセリフがひどいことひどいこと
なお、その前に書いていたのが「徳川家康」だったせいか、先進的だが欠落も多い信長さんに対し、徳川家康がどこまでも重厚な人格者すぎだった。東の抑えになんか置いておかず、手元で人事窓口やらせておけば良かったのではないかと思うくらい。

「シューダン(3)」読了
この巻で少年サッカー編が終了。3巻で終わると思っていたら全4巻になるのか。「腹ペコのマリー」と同じだな。
青春群像漫画として筋が通っていて、強豪ではないが内外ともサポートの強い少年サッカーチームという舞台が非常にではあったのだが、サッカー漫画としての外連味はなかった(もとよりそういう方向性の作品でもなかったし)。いい作品なのだが、残念。

2/6 訪欧編

『火の鳥』のクソ鳥っぷりについて突如語り出した人々のTL
わかるわ

2/7 後宮対応

雪村花菜「紅霞後宮物語 第三章」読了
序文で誰かが死ぬシーンが出てき。いくら主人公が軍人上がりでサバサバをこじらせすぎた無敵の三十路皇后さまとはいえ、後宮なんだしそりゃあ陰謀とか確執が極まれば誰が死ぬだろうとのんきして読んでいたのだが、まさかそこの立ち位置のキャラが死ぬとは思わなかった。
キルヒ案件だろうか。

2/8 ヨロイレリホー

伊藤潤「維新と戦った男 大鳥圭介」読了
いろんな作品に登場していたが、抵抗派幕府軍〜五稜郭政府の陸軍として、徹頭徹尾格好いい土方さんの引き立て役だった感がある大鳥圭介の物語。
フランス式の陸軍指揮官として普通に優秀なんだが、戦場で劣勢をネジリ返すほどの猛将でも、戦略で力を発揮する場を作るほどの智将でもなく、しかし不利な状況で軍隊を壊乱させない程度の力量はあるという微妙な能力値の人。それでもかっこつけて死ぬような才能のない凡人として、凡人なりに懸命に生き抜いた物語として面白かった。
さて、維新の嵐での能力値はどんなもんだっけ、この人。
光栄ゲーム用語辞典は残念ながら処分してしまった。

「週刊少年チャンピオン11号」
「吸血鬼すぐ死ぬ」
ロナルドとヒナイチが二人きりで水族館へお出かけ。仕事だが。
セロリに比べペンギンは、そこらへんのスーパーとか冷蔵庫にいたりしないので弱みを見せる機会は少なそうだが吸血鬼がらみだとなんでもアリだから油断できない。
あとドラルクは欠席か。ドラヒナ派には残念
「六道の悪女たち」
閑話休題は終わって新シリーズへ 
今度の悪女はなんだかコメディですまなそうな気がするのだが大丈夫なんだろうか
「逆襲インフェルノ」
ひとまず丸く収まったかと思ったら次の場面で死んでいる通りすがりの兄貴
地獄か(地獄です)
「囚人リク」
鬼道院さんずっと顔芸しかしていない
雑なクーデター計画だったなぁ
「開田さんの怪談」
カタツブラー怖い
おのれヨロイ元帥

仮面ライダーV3 第42話「カタツムリ人間の人体実験!」
木々津先生の読み切りを読んで、また見たくなったので再視聴。カタツブラーも、甲羅の防御力に長けていてしっかりヨロイ軍団だった。
マンションの壁面に両足で垂直に起立した状態からV3キックをすばやく背中の甲羅で防御する戦闘センスに、よくわからん自己防衛催眠、えげつないカタツムリ洗脳とカタツムリ戦闘員の量産となかなかの強者。 
しかしさすが昭和ライダーと言わんばかりのマンション屋上のバトルシーンがこわいこわい。
ライダーマン登場は次のカマクビガメ戦からだった。

2/9 富士野屋舞さんの憂鬱

ヤマカム:【悲報】男・村田修一さん『グラゼニ』のネタになる…(´・ω・`)
「彼のモデルが誰であろうか分かる人は分かるでしょう」⇒ ぜんぜんわかっていなかっていなかったでござるの巻ですよ(滅) 
どうなるんでしょうねぇ、富士野さんは(村田はけっこうどうでもいい)

「ラーメン大好き小泉さん(6)」読了 
ラーメン漫画というか、ラーメンを起点にした小泉さんと小泉さん周囲の女子男子の奇妙な生態を見守る漫画になってる気がするが面白いからいいか。

「GREAT OLD(1)」読了 
基本的に登場人物は全員人類世界の最高学府出で、馬鹿はいないどころか天才レベルがごろごろしているというハードルの高い世界設定なんだが、主人公の高速演算のところはそのあたり説得力があった。 
ただいろいろ鮮やかさには欠ける感も。
雰囲気は好きなんだが、これも長く続きそうな気はしない。 また最終巻が電子でしか出ないパターンだろうか。

「吸血鬼すぐ死ぬ(8)」読了 
オビをずらしたらフクマさんがいた、こわい。 
本編はいろんな吸血鬼とか退治人がわちゃわちゃしてひたすら楽しい。連載時は12Pしかなかったりしてもの足りないところもあったが、纏まると……AV魔界とかケツとか四つん這いプレイとかメイド女装とか実にカオス。

2/10 無職でござるよ退屈丸

せがわまさき「十 ~忍法魔界転生~(12) 」読了 
山風先生原作の「魔界転生」は宮本武蔵をはじめとする大剣豪が魔界からよみがえって幕府転覆をたくらむのに対し、快男児柳生十兵衛がいかに立ち向かうのか、というすさまじい出だしに反して後半に近づくにつれ剣豪勝負が政治劇の前によそにいってしまう難点があって、石川賢先生とか映画版とかはそのへん大胆にアレンジしていたのだが、おそろしいことに本作荒木又右衛門戦の顛末はほぼ原作通りであった。 
次が宮本武蔵戦で最終巻。ってことは最後の展開(就職活動)も原作通りやるのか……。
いや、原作の魔界衆ならともかく、せがわ先生版のそのツラガマエでどこに就職する気だ、宮本武蔵。
鏡見ろ、鏡。

期間限定配信の「【前編】仮面ライダービルド ハザードレベルを上げる 7つのベストマッチ」視聴
それぞれの性能の使い分けがいまいちわからないビルドのベストマッチについて内海さんが懇切丁寧に解説してくれるのは良かった。 
なんだ、いい人だったのか、うつみん  

夕食に野菜たっぷりちゃんぽんと餃子でビールをキメたのにもう空腹を感じている 
そうだ、誕生日だったんだしケーキでも買って来ればよかった

2/11 三国岩礁

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」第一話視聴
巨大戦はなかったがルパンレンジャーのスタイリッシュ快盗アクション、魅力感のある敵組織描写、パトレンジャーの初変身といろいろあって面白かった。
1話は快盗メインだったが、2話では警察側の質実剛健なアクションにも期待したい

「仮面ライダービルド」
結局、期間限定配信のエピソードを経てもハザードトリガーの暴走を止めるシステムの開発には至らず、ヒロインに万が一の時の自爆装置を託す展開。
ビルド自爆も、暴走の果てのグリス殺害になっても辛いだけなのでなんとか第三の道をと願っていたところに、堂々万丈参戦。レベルを上げて、クローズチャージの暴走も制御と熱い展開だった。
しかし戦争は、ブラッドスタークの手引きで北都を西都が制圧するという展開になって三国時代が崩壊したのが怖いところ。しばちゅうさんの出番が待たれる。

TVKの再放送「帰ってきたウルトラマン」は「決戦! 怪獣対マット」を視聴
ウルトラマンの敗北、MN爆弾効果なしを見て、今度は極端に走って東京が焦土になるのもかまわず水爆級爆弾を使おうとする岸田長官。MATの麻酔弾作戦の提案に対しても「失敗したらMATは解散だぞ、それでいいな」と責任を丸投げする様を見せて非常に印象はよろしくない。
岸田隊員はこのあとモグネズン戦で少しフォローされるのだが長官はそれっきり。
MAT決死の麻酔弾作戦はツインテールの両目をつぶすという戦果をあげる(麻酔は?)、グドンもツインテールも他に外敵がいるときは食うか食われるかの対立をおいておいて共闘するという性質を持っていたので、これでツインテールがグドンに突っかかっていかなければウルトラマンは勝てなかった。
前後編でピンチの描写からの盛り上がりとかかヘイトを稼いでからの解決とか話としては見事なんだが、これで解散のMAT・不憫な坂田アキと帰ってきたウルトラマンの昏さを決定ずけてしまったのも事実。

須賀 達郎「帷子しずくはリードしたい!(1)」読了
前作の野球観戦漫画ではなく野球選手マンガ、前作の横浜ベイスターズ似チームが舞台ではなく東京ヤクルトスワローズ似
なるほどそーゆー方向性になったのか
ちょっと継続して購入するモチベは下がった 
それはそれとして、野球選手は尻が大事、知ってた(愛しのバットマン)

2/12 有言実行空間斬ペシュトリアン

シビラ竜也「バジリスク ~桜花忍法帖~(2)」読了
コミカライズ。
原作は積んでる、アニメは見てない。 
伊賀甲賀あわせて10+1人のヤング忍者が格上の魔術団にどう挑むのかと思ったが、2対1の数的優位を作っての相打ちパターンだった。 
初戦の火器大好き忍者と岩石化忍者のコンビは仲良かったが他のコンビはどうだろうか?
なお火器大好き忍者ということで、石川賢「虚無戦記MIROKU」の十方飛丸を思い出したが、あっちほど無茶ではなかった。

漫画はさくさく読んでいるのだが、小説の方は今読んでいるのが結構ヘビーで積みが増えていっている 
「時の行者」でだったら1話で終っているのに

2/13 ドタバタのマナー

横浜DeNA
キャンプ地のファンのマナーが問題になっている模様
広島もそうだったのだが、チームが強くなるとファンも増えるが増えた分、民度は下がる。
ここをちゃんとチーム・古参ファン双方からフォローしていかないといけない。

高橋義夫「浄瑠璃坂の仇討ち」読了
「時の行者」ではたった一話のエピソードだけど、当事者としては赤穂浪士に負けず劣らず生ききったんだなあと面白い歴史小説
同じ家中で相討つだけでなく、復讐の連鎖が仇討ちの後も続いたりする陰惨な事件だったのだが、物語上はあんまりひどいことにならずそこそこ爽やかなのも良かった。

森田季節「織田信長という謎の職業が魔法剣士よりチートだったので、王国を作ることにしました(1)」読了 
主人公「なんかボーナス凄いんでバリバリ前線に出るね、軍勢は敵の半分もいれば大丈夫っっしょ」 
織田信長「おい、こら、やめろ」 
…背後霊信長の気苦労がすごそうだった

2/14 2人と誤認

熱があって体の節々が痛いがインフルエンザではないというつもり

葛西伸哉 「知識チートVS時間ループ」読了
W主人公ということで導入が忙しくなりそうなところを主人公の理解力とか適応力でサクサク進めていたり、能力的にループ側が有利になりそうなところをループ発動条件と勢力内での発言力の差でうまくバランスを取っていたりと技巧的な部分は非常にワザマエを感じさせられてよかった。
ただ、戦場が同じおかげで一方の勝利がもう一方の敗北に直結してしまい、途中経過も最終結果も、なんかもやもやるする感じになってしまったのは難点。判官びいき的に時間ループ側に肩入れしたい気分もあるが、知識チート側も全く非がないので、どちらが勝っても嬉しくないというか、さっさと手を組んで戦争自体終わらせてほしいのだが立場が違いすぎてそこまで10冊くらいかかりそう。
このへん「銀河英雄伝説」のラインハルトとかヤンとかは、微妙に土俵が異なっていてそれぞれの無双を食い合うところがなかったのはすごいよくできていたんんだなぁと思ったりもした。

寒いのか寒気がするのかわからないが熱はなさそうだと思って、帰って熱を測ったら体温が4度5分だったでござるの巻 


過去の日記/ 過去日記インデックス 最新の日記
★突っ込みが入ると喜びます(場合によっては凹みます)★
戻る