日記2017の部屋

日記2017

(大鉄人)

の部屋

戻る

過去の日記/ 過去日記インデックス 最新の日記
6/1 姉、ちゃんとしようよ

「週刊少年チャンピオン27号」
「BEASTARS」
市長の大人の理屈にルイ先輩が乗るしかないのはそれまでの生き様からすればしょうがない帰結だし、レゴシがそれに納得がいかず走り出すのも少年漫画らしいよくわかる帰結
面白いなぁ。
「少年ラケット」
コピー能力者を「相手と同じことができる」ではなく「引き出しが多い」に昇華させた指導っぷりが見事
この試合は落として、漫画の中ではもう出てこないかもしれない彼だけど、彼のプレイヤーとしての道のりは明日も明後日も続くんだよなぁ
「吸血鬼すぐ死ぬ」
映画祭りからAV祭りに成り果ててしまった魔宴にヒナイチが混ざっているのが
「あつまれ!ふしぎ研究部」
似た展開を「あずまんが大王」で見た気がする
「鮫島、最後の十五日」
凄惨な取り組みは土俵際でのパワー合戦の果てにイヤな擬音が……どっちだ!?

横須賀に置いてきたウィーランドが肘の違和感で抹消、先発ローテーションにいよいよ困る
石田復帰はまだか
そして加賀の代わりには横須賀四天王2番目の刺客、小林寛が昇格
今日札幌に飛んだのか、明日から合流なのか

「戦うパン屋と機械じかけの看板娘(6)」読了 
短編集。
ニャル様位置は軍人の人に譲ったとはいえ、それまで変な仮面の黒幕として事態をひっかきまわしていた変人が(主人公の)姉キャラの斜め上空くらいまで降りてきてロマンスじみた展開に……
(いーやーだー)

横浜 3-5 日ハム
残念だったが井納の突発炎上と筒香の不調が致命傷。横浜に戻って仕切り直しか 
最終的に交流戦1カード目は〇×× 
石田がいないところにウィーランドまで離脱という先発ローテーションの危機だったが中継ぎに過度の負担をかけることもなく3タテもなくのりきったのはまずまずではないかと。 
あとは筒香だけなんだがなー。 ともかく交流戦は順位だけ落とさなければよい

6/2 開港横浜

今日は横浜開港記念日で横浜市内の学校が休みだったらしい。
いいなぁ。

横浜 4-6 ソフトバンク
追い上げたんだが1,2回のクラインひとり相撲がやはり致命傷 
あと筒香が横浜に戻っても復調せず 

「理想のヒモ生活(9)」読了
異国の王宮で政治戦。 
美人局攻撃にはまぁこれまでの展開から当然のように無敵だったのだが、メインの戦いについては当面の戦場では勝ったが、戦略的には一歩マイナスといったところか。これまで順風満帆すぎただけにめずらしい展開だったが、たまにはこーゆーのもあっていいか。
しかしあとどのくらい続くんだろうか。

「風雲児たち 幕末編(29)」読了 
やっと寺田屋事件まで到達。
事件そのものもその後の顛末も凄惨そのものなんだけど、維新回天は上層層だけでチャカチャカやってるのでそんなにひどい迷走には見えてこない。 
フツーの市民革命だとそうはいかない。今、ゆっくり読んでいる「小説フランス革命」とかひどいことひどいこと。

6/3 トルネードバンクが勝負だ

横浜 3-7 ソフトバンク
現地観戦
先発はウィーランドの離脱で急遽上がってきた平良。
いきなりデスパイネの3ランで失点したが、昨日のクラインとは違ってちゃんとやっての失点なのでそれ自体は問題なし。
しかし中盤に柳田にしっかり中押し点を持って行かれると、内川抜きでもホークスのクリーンナップは手ごわくて今日もビハインド展開。
ホークス先発の松本から6回に交流戦初の筒香のヒット(2点タイムリー)が出るなどして追い上げたのだが、9回に砂田が再び柳田にホームランを食らってエンド
明るい兆しは見えたが残念だった。
試合はそこそこ良かったが、ホークスの応援団だけが残念
・ユニが赤、青、黄、白地に黄と混在していてチームカラーがさっぱりわからない(これはチームのせいか)
・27アウト全部執拗にアウトコール、超長くて次の打者の出囃子が終わってもまだやってる(邪魔)
・打球を受けた平良に暴言
・誕生日の川崎に特になにもなし
ビジターでこんなだと交流する気が失せる
ソフトバンク戦はTBS時代以来の観戦だったが、まえからこんなだったかなぁ。

6/4 ドレイク卿の生息地

横浜 5-3 ソフトバンク
経過をざっくりネットで見ていただけだが、松田に3ランを打たれて逆転されるも戸柱のタイムリーで再逆転
あとはパットン、三上、山崎康が完璧で逃げ切ったらしい。
3タテ回避力だなー。
巨人は負けて4位とのゲーム差は広がったが5割の壁への再挑戦は楽天戦。
普段の楽天にも勝ててないのに、今年の謎に調子いい楽天相手だとどうなんだろうか。

リアルMTG
マルチはやることやった。
ドラフト1回目は赤黒タッチ青で1-1。2パック目から黒にしたのでカードが足りずタッチ赤は殺意が不足していてこんなもん。2回目は青白サイクリングで2-0。青と白の2マナ1/3があと1枚ずつでもあれば序盤のディフェンスも安心できたのだろうが、突風歩き3枚は逆向きだった。いや強いことは強いんだが…。
明日は健康診断なので飲み食いせず帰宅。

5月のMTG Online
アモンケット環境のマナバランスを覚えてからはそこそこ持ち直したが、勝ち切れない。
爆弾環境でもあるのでいいレアを引きたいものなのだが引かなくてなー。
5/1 AKH*3 Draft ×××(緑赤督励。デッキはそこそこ良かったがマナフラ*6、土地詰まり*1で圧敗)
5/1 AKH*3 Draft ×××(青緑試練。初手のカバがかみあわずデッキがひたすら弱かった、順当に0-2を3回)
5/1 AKH*3 Draft ××〇(白緑。ロナスの碑を序盤に引けたことが1回もないひどい回りだったが最後は相手もひどかった)
5/3 AKH*3 Draft 〇××(神入り赤緑。1勝した後マナフラマナフラ相手ブン回り3マリ3マリの地獄)
5/3 AKH*3 Draft ×××(青緑飛行ビート。とにかく引きがデタラメに悪かった。全くゲームにならず)
5/3 AKH*3 Draft 〇〇×(白青不朽。2つはアドバンテージで勝ったが最後で事故事故やらかす)
5/4 AKH*3 Draft ×××(白黒ゾンビ。マナフラとマナ詰まりが交互に襲い掛かってきて相手は3人とも試練カルト―シュ祭り)
5/5 AKH*3 Draft ×〇〇(白青サイクリング。確定カウンター3枚サイドから投入されて負けたがそれ以外はなんとか)
5/6 AKH*3 Draft ×××(白青サイクリング。デッキは昨日のに似ていたが事故りまくった)
5/6 AKH*3 Draft 〇〇× (黒緑-1/-1。土地事故ではない方向で引きがかみ合わず)
5/7 AKH*3 Draft ×××(黒緑-1/-1。引きが生ぬるい)
5/12 AKH*3 Draft 〇××(赤白。相手の引きに負けて序盤のテンポがいまいち)
5/14 AKH*3 Draft 〇〇×(白緑。白緑分割とカルト―シュとデカブツでゴリゴリと。ラスは自分にだけ効くので入らない。最後の最後でド事故った)
5/12 AKH*3 Draft 〇××(白青不朽。戻ってくると思った不朽パーツが戻ってこず決め手に欠けるところマナ事故を併発。どうしょうもない)
5/18 AKH*3 Draft ×〇〇(赤緑督励。2マナからクリーチャーでゴリ押し。事故は負けたがあとは数とロナスの碑でなんとか)
5/18 AKH*3 Draft 〇〇×(黒緑。またロナスの碑が1-5とかで流れてくる。強いはずなのだが……だいたいゴリ押しで勝ったが最後2マリガンから土地2キープでマナエルフ焼かれて終わり)
5/19 AKH*3 Draft 〇〇〇(黒白ゾンビ。マルチのゾンビはなかったが、カルト―シュでなんとか勝ち切った。最後は黒緑相手にコンバットトリック勝負)
5/20 AKH*3 Draft 〇×〇(黒タッチ緑ゾンビ。黒単にできそうだなぁと思ったら、さすがに3戦で2人も4色に当たるのは空いた口がふさがらない。)
5/26 AKH*3 Draft 〇××(赤緑。またロナスの碑。最後碑の能力を場に出たときと読み違えていて1点足りず。何度も使っていてこれはいけない)
5/27 AKH*3 Draft ×〇〇(白青サイクリング。初手のラスは相変わらず微妙だったがドレイクエンチャントとルーターで量産Lライフ回復)


6/5 吉田健康

郵便を出そうとして、値上がりしたのは葉書だけでなく定型外もだったのに気付いて1つキャンセル。
しかし調べてみると、A4以下のサイズ(定型外/規格内)は据え置きで、A4以上のサイズの料金が新設されただけだったらしい
準備不足で現地へ行って、想定外であわあわするのはよろしくない。
仕事でやらかさないよーに。

健康診断は、やっぱり視力は低め安定のまま特に悪くもなっていなかったが体重はがっつり増えていた。
血液と肺は結果待ち。
帰ってバタンキュー

6/6 ¥ゲージ

横浜 9-1 楽天
山形での試合は序盤のホームラン攻勢で大勝
しかし今回も濱口君と組んでバッテリーエラー3つの高城はタイムリー打ったとはいえ反省大だなぁ。

終極エンゲージ(1)」読了 
1話の展開にはあーあーあーそうくるのかと。
いろいろ予想を裏切ってくる話の構成だなー。これから「エルフ17」みたいなバカ殿とめぐる宇宙異文化道中話になるんだろうか(きっとならない)。

6/7 千なるもの

かかし朝浩「蜘蛛ですが、なにか?(3)」読了 
相変わらずハードな転生生活送ってますなー。なんとか美味しいご飯が食べられるところまでたどり着いたみたいだが、書き下ろし漫画で出てきた1巻の卵のイージーモードな顛末とか見るとあまりの差に再び憤りが止まらない。 どっかで逆転してくれるんだろうか。

「戦国妖狐(13)」まで読了
力を追求した主人公が暴走して第一部完、主人公が代わってどうなるかと思ったが、どうも自分は前の主人公の好感度がそんなに高くなかったようですんなり読めた。
第一部の千本妖狐に対して第二部主人公の千個はなるほどと。

横浜 10-6 楽天
かしこみ〜
調整登板が2回流れてぶっつけ1軍の楽天・森ほかに12四球(押し出し4つ)をもらうサービスをいただきながら、こちらの先発熊原はペゲーロに3ランを浴びるなどいまいち。
しかしタナケン2イニング完璧とが試合を締めてくれた。
これで交流戦5割。
明日の則本×三嶋は分が悪いが頑張ろう。

6/8 バウリングキャノン

「週刊少年チャンピオン28号」
「刃牙道」
まだ花山さんのターン
しかし負けっぷりに定評のある花山さんだけに、このまんま見せ場だけ作りまくって普通に負けそうな気がしなくもない
「鮫島、最後の十五日」
松明燃え尽きて、取り組みは百雲の勝ち。
では鮫島がリベンジかと思ったら明日の百雲の相手は想定外の王虎! 
番付的に鮫島より後の組になりそうなんですが、鮫島は誰とやるんだろうか。
「吸血鬼すぐ死ぬ」
ジョンのダイエット話になるかと思ったらヨモツザカ所長との催眠わんこプレイ
わんこ系のいろいろが絡むと所長もいい人だよな。
基本迷惑なだけの人だけど。
あと、わんこはY談しないかアルマジロだとするのか。
「虚ろう君と」
探偵が存外頼りにならなかったからと言ってその闇の気配はやばいです。
「HUGO」
ヒューゴー賞狙いかと思ったら読みが違った。 
しかしいいSF話。

横浜 2-8 楽天
三嶋vs則本は厳しいと思ったが、厳しい以前に三嶋が全然ダメだった。
それでも2点取った打線、国吉平田の好投と明るい材料もあったが今度は柴田が怪我とか。
石田、ウィーランド、松本、白崎に続いての怪我人。乙坂、下園、佐野、シリアコ、エリアンと結果を出せていない状態で6連戦ローテとと打線DHぶん1枚ずつ駒が足りていない。これでいまのところ交流戦4-5なのだからラミレス監督も大したものだと。

6/9 せんせいになれません

横浜 4-3 西武
田中浩康の2ラン+ファインプレーですんなり終わりたかったが井納がいつもの突発炎上
菊池がしり上がりに調子を上げて敗色濃厚だったが、9回1点ビハインドで抑えの増井から宮崎逆転ツーランホームラン
すごかった

盆先生のツイッターでヨモツザカ所長がだらしないプライベートを眼鏡女史の研究員にお世話してもらっていることを知る
うん、埋めよう

「エロマンガ先生」視聴 
ムラマサ先生のターンだった。
あれ、ドン引きされた締切と指の爪の話はここじゃなかったっけか。いい話にするために削られたか?

6/10 無責任敗戦投手タイラー

横浜 2-6 西武
現地観戦
平良の5失点くらいは想定内だったのだが、12安打打っていてチャンスでことごとくシリアコ凡退 
失点にはつながらなかったがシリアコは守備でも精細欠いた 
困ったもんである。

6/11 帰ってこい忘却石

MTG
マルチ、ドラフトとも非常にストレスフルで、ひそかにやってられるか状態ではあったが飲んでリセットした

横浜 0-1 西武
今日はセカンドにエリアン、サード宮崎で、DHは筒香、空いたレフトに荒波
ラミレス監督的にエリアンはやっぱりサードもできるセカンドの選手なんだよな。そうだと守備位置的にシリアコ優先になるのもわかる。
スペック上できなくはないからと、スタメンから守備位置をチャカチャカいじるようなことはしないラミレス流は成長の視点からはいいのだが、主戦力がスランプになったり、怪我人が出ると辛い。
そして試合の方はというと今永、好投も無援護で負け

6/12 ザッシギャランがみてる

そういえば今住んでる自治体は、雨が降ってても新聞雑誌の廃品回収はあるんだろうかと昨晩出した雑誌の束を横目に出勤時思った。
(帰って見たら回収されてたのでよかった)

6/13 ミルク霊気

横浜 1-8 ロッテ
自打球の桑原は休みを取るかと思ったら何故か梶谷がスタメンを外れる 
石田君の復活当番は想定以上の無援護 
というか筒香また冷えてきてないか 
石川が石川に死球 
タナケン須田のビハインド組が炎上
そしてパ・リーグ得意の不調不調詐欺 
雨降りっぱなし
いろいろ寒い試合だった

MTG
スタンダードにて《霊気池の驚異》禁止
歯止めのかからない禁止の連鎖に、スタンダードどうなのよと思わないでもないのだがやってないのであんまり関係ない
どっちかというと小セット廃止、1年を大-大-大-基本セットでやるという変更の方が

6/14 バトル野郎

横浜 5-2 ロッテ
バッテリーミスでもらった追加点が大きかった
やっぱりミスはアカン
中畑DeNA時代は何度これで負けていたことか

「戦極エンゲージ(1)」再読了 
ラブストーリーではスペックに勝てないという残酷無惨な1話は、ラブ抜き高戦闘スペック(ただし発展途上)のヒロインと主人公を描く前段として よくできているのだがやはり、首チョンパの後の地球の自然破壊と王様の精神死ぷりだけはいただけない 
歴史あるシステムなのに、そんな一戦くらいでああなるのは母上を悪役ポジに置くための作劇なんじゃないか感が。
ルールに則ってちゃんと勝ったのに。

6/15 大惨事5ヵ年計画

横浜 6-2 ロッテ
神職の援護運を持つ熊原らしく2失点もロペス2本宮崎グランドスラムのホームラン攻勢で逆転
かしこみ〜

「週刊少年チャンピオン29号」
「吸血鬼すぐ死ぬ」
Y談おじさんの催眠術の後遺症とかやばいワードが 「女捜査官催眠調教<ヒナイチ>痴女に変えられた私」とか、ヒナイチでなきゃエロ大惨事が想像できる文面だ 
「ヤンコと帽子」 
ストレートに良い 
「鮫島、最後の十五日」 
百雲の話は明日の取り組みで解決編なんだろうが、松明の親子の話は綺麗にまとまった
ひと段落 
「AIの遺伝子」 
パチンコの話というか人間関係の話
未来でもパチンコは健在なんだなー 
エロ方面のときのような未来っぽい進化はあまり見られなかったが 
「あつまれ!ふしぎ研究部」 
「暑いからぬぐー」には抵抗したが、それはそれでエロ大惨事だった。 
クールビズ大事 

6/16 チャンスだるく

横浜 6-3 オリックス
同点に追いつかれた8回、筒香ツーベース、宮崎敬遠で回ってきたのは得点圏の鬼戸柱
 打率.213(169-36) 打点30
 得点圏打率.356(45-16) 打点27
うん、勝ったな(実際勝った)

6/17 スカラベの神

横浜 14-5 オリックス
昨日に引き続きの得点圏戸柱などで5得点し逆転するも表に2点取り返されて1点差
これで試合がわからなくなったなというところで、8回裏7点取った
ひどい

リアルMTG
マルチはただ単に最後のぜふぁーさんのアタック先選択だけで生き残っただけだが、まぁやることはやった。
ドラフトは黒青サイクリングで1-1、黒緑スカラベで2-0と今回はそこそこゲームにはなった。

6/18 モッチー・オリン

横浜 0-2 オリックス
雨天中止
交流戦、かつイベント試合ということで判断が難しかったのだろうが最初から無理目な試合だった
明日今永をスライドできないのが痛い。
こっちは交流戦後休みを見越してローテーションでは次に入っている石田を落としてしまったのに対し、オリックスは金子を用意しているみたいだし…

「GIANT KILLING(43)」読了
本誌ですら東京ダービーまだ終わってないの知っているのでなかなか読む気起きなくて積んでたのだが、前半終了までのこの巻はほぼ持田劇場でETU側はちょっとだけいいところあっただけの溜めの時間だった。
正直持田は見飽きてきてるんだがなぁ……。

「アホガール(9)」読了 
今回は、よしこのアホが控えめだったのであまりイラっとしなかった。 
あとは痴女風紀委員長がちょっと報われたのが良い。 
3ギャルはほのぼのする。
……あれ、主人公活躍しない方が面白いのでは?

6/19 三国峠大爆破

横浜 4-7 オリックス
定期的にある、勝ちパターンのリリーフが崩れて負けた試合。 
山口が抜けてクライン、ウィーランドも長くは投げられなくて完投能力のある先発Pが井納一人になっている弊害だけにまぁしゃーないといえばしゃーない。
飯塚君の望外の好投があっただけに勝たせてやりたかったのだが、この内容なら次はあるだろう。 
一回抹消して地元新潟凱旋登板だろうか。

6/20 へろへろ〜天気

仕事
作業は予定を前倒しで終わったのだが、その後の打ち合わせが長引いて結局暗くなる前に帰るにはあたわず。
帰って家の残件片づけて寝た。


過去の日記/ 過去日記インデックス 最新の日記
★突っ込みが入ると喜びます(場合によっては凹みます)★
戻る